30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

独身なら生命保険に入るな

   



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



毎日、やりたくもない労働お疲れ様です。正社員と言う奴隷なら1日8時間やりたくもないことを毎月20日間前後をすることで、自分と言う存在と引き換えに給料を貰う事ができるが。この努力と汗の結晶である給料を掠め取ろうする奴がいるので警告をしておく。

保険のおばちゃん

今の新卒の方は会社やオフィスにいるのか不明だが、私が20代前半の頃、勤め先に出入りしている保険のおばちゃんがいた。このおばちゃんが生命保険を熱心に同僚に勧めている光景をみてきた。


正確に言うと客先の現場に保険会社のオバチャンが出入りしていたのです。今は関係者以外の入場はできないのでこの手のおばちゃんはいないでしょう。


生命保険の勧めない理由

独身者の場合の意見として書いていく。あなたは、なぜ保険に加入する必要があると判断したのですか?


この質問に対する答えで多いのは「体調を崩して無職になったとき」「病気で働けなくなったときに困るから」というような答えが多いでしょう。危機意識を抱くことは間違ってないが、日本には病気になっても困らないような公的制度があるのはご存知ではないのだろうか?


病気になったときにお金を受け取れる傷病手当金と言うものがあるが、これは病気になり働けなくなったら最長で1年半受け取ることができる。


それ以外にも、1日~月末までの医療費の支払いに限度があり、それ以上支出しても後日、返金される高額療養費という制度もある。


そのお金すら用意が難しいなら、限度額適用認定証と言う書類を健康保険組合から発行してもらう事で、その手の多額の一時的な立替金もなくなります。


あなたが儲かるなら保険会社は倒産してる

この手の保険会社のオバチャンへの給料を払うために、保険会社は、あなたから保険料を徴収するわけだが。その徴収した保険料を、なにかしらの金融商品に保険会社が投資をしているのです。


それで儲けてオバチャンのお給料や、あなたへの保険金を支払いをルールを山のように設けて払わないようにすることで保険会社が儲かるのです。


逆にいうと、保険会社があなたにたくさんの保険金を払っていたら倒産しています。日本に住んでいると気が付かないが、日本の健康保険制度がぶっちぎりで優秀です。世界中探しても、一般庶民に手厚い健康保険制度は無い。

積立NISAやった方が良い

毎月保険に2万、3万もお金を払うなら、そのお金で積立NISAをしたほうが、遥かにいい、楽天VTIやSBIバンガードのようなインデックスETFを購入するね。私なら・・・・


収入が欲しいなら、そのお金で米国債券ETFであるBNDに投資しても良いですね。これだと持っている金額の2%くらいのお金を毎年生み出してくれます。このETFが紙くずになるなら、その時は世界中が大恐慌、北斗の拳の世界になっているので、どんな投資も意味がありません。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - ネタ