スポンサーリンク

就職活動をしている学生を見て思うこと

働き始めたらゾンビのように通勤電車に護送され
犯罪してないのに刑務所に行く学生さん


こんにちは。


失礼しました。


就職活動をされている学生さんへ


こんにちは。皆様より10年早く、この世に生まれたリェータです。この記事は平日の昼間のカフェで書いている。


周りを見渡していると、就職活動中の、かつての私みたいな若者がたくさんいる。


私が逆に場違いなのでないかと錯覚する。そんな若者にオッサンが偉そうにメッセージを残す。


というか・・・働く前から、こんな労働意欲減衰ブログなんて読んでいると、立派なサラリーマンになれないぞ。


スポンサーリンク

焦らないでください

星の数ほどある企業の中で、応募したい企業を絞る、そしてエントリシートを作成して、企業の送信する。


そして結果を待つ、一発で内定を貰える学生さんなら、これが一回だけで済むが、ネットで、複数の企業にエントリーシートを送れる現在では、10、20という企業のエントリーするのが当たり前だと思います。


私が就職活動をしていたときは、エントリーシートを作成して応募ができる、リクルートというものは出始めたころです。それと比べて現在の学生さんは大変だと思います。


だけど、内定が貰えないからと言って、ブラック臭がするような企業に応募はしないようにしてください。


本当に長時間労働で低賃金は精神に来ます。これから皆さんは、10年、20年という長期間働かないといけないのです。


その長時間労働に耐えるれるかもと・・考えるのはやめてください。本当に労働は辛いのです。


私のブログの記事を読めば労働の辛さは理解できるはず。


だいたい。


小学校、中学校、高校、大学に通って、


学校に行くのがカッタルイ、授業が面倒くさい」


なんて言っている奴は、労働に向いてないのです。

ブラック企業から内定?

餃子の王将のような絶叫系の研修が行われるような会社なら逃げたほうが良いですよ。根拠がないような自己満足レベルの物にお金をかけるような会社に未来はありません。


このご時世、ブラック企業なんて言葉が出てくるようになりましたが、離職率が高い会社も危ないですね。人を雇うには、求人広告を出して広告料を払う、人を雇い社会保険に加入させる。


採用面接の調整を行って人件費がかかる・・というように、人を採用するにもお金がかかるのです。人が頻繁に退職、入社するとそれだけ経費がかかり、利益を逼迫します。


そのような会社の未来は暗雲が立ち込めていています。そのような会社に勤めていても、体がもたないでしょう。そういう思いをするくらいならアルバイトでもして実家にいたほうがいいかもしれない。

こういうときは、「企業名 転職会議」とかで評判を検索した方が良いかもしれない。


ネットの書き込みは嘘、誇張が混じることがよくあるのだが、この手の企業の内情は信憑性は、なぜか高いような気がする。


それも理由、具体例をあげて労働環境を暴露している情報が多い。それだけ内部の人は不満が溜まっているのでしょう。不満、恨みは人の行動力を掻き立てるのです。

私に会っても

冷たい目をしないでください。働きたくないオーラ全開、人間やめて猫になりたい願望がある私に遭遇したら、ラッキーかもしれない。社会人失格の私からも少なからず得るものがあるかもよ。


新入社員に教えることの一つには、貯金の重要性、働いてお金を得るのではなく、働かないでお金を得ることが大事です。


そのための種銭を稼ぐために、会社なんてものは信用しないこと。会社=東スポの記事の信用度くらいです。いかに楽をしてお金を稼ぐを考えて下さい。


特に経理・財務で新卒入社された方は、私のもとに学生さんが間違ってくるかもしれない。一緒に働くことがあったらよろしくお願い致します。私の事を「働かないおじさん」だと思わない欲しい。働かないのではなく、働きたくないのです。

収入源を作る

こんなことを言うの老害みたいでいやだが、今の学生さんは恵まれている。私が20代前半時は、積立NISAなんてものは無い、米国株の購入なんてできない、ふるさと納税は無い、Wordpressを使ったブログサービスなんて無い、youtubeもたぶんない。


Twitterも無いし、私と同じ価値観の人と容易につながることなんてできない。いるかもわからない。


サラリーマンをしなくても収入減を確保できるから羨ましい。逆に、20代前半に求められる能力も多いんですよね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました