スポンサーリンク

固定残業代?人をこき使わせようと必死だなww

労働者の皆様。


こんにちは。リェータです。
毎日定時で帰れない囚人未満の労働環境の皆様。本当にお疲れ様です。


この記事を初めて書いたとき、現職に少なからず不満を持ちながらも、働きたくないくせに、別の刑務所に服役したくて求人サイトを眺めている。


ここ最近、求人を眺めていると、給料に「固定残業代**時間を含む」という求人を見かけるようになった。10年前の求人票では書かれていなかったことです。


1日8時間、週40時間労働が基本である労働基準法はどこにいった?法律守る気が有るの?


「固定残業代」が含まれている求人を見るたびに、慢性的に残業があるという事を暗示しているだけです。


囚人ですら残業しないのに、罪を侵していない一般庶民が、なぜ囚人より働かないといけないのですか?


では実際に固定残業代を含む求人に書いている企業の理由を見てみると・・・

スポンサーリンク

固定残業代で給与計算が楽になる?

固定残業代を含んでおけば、給料計算をするのが楽というホームラン級の馬鹿発言をする奴が多い。

給与計算の実務をしたことがある人ならわかるが、固定残業代があろうが無かろうが、手間はほぼ変わらない。


給料計算をするときに、残業時間の項目の数値を変えたり、通常の残業代を計算して、その導き出された残業代から固定残業代を引けばいいだけでいいので、手間はほぼゼロです。


今の給与計算ソフトは優秀なので、ちょっとした数値を変えるだけで固定残業代の計算も楽にできるのである。

こんなの、人を8時間以上、労働に拘束してお金を払わない経営者の戯言だと思っています。


何度も言うが、固定残業代があろうが無かろうが給与計算の手間はほぼ変わらない。


そして固定残業代を含んだ見かけだけ高くした給料を求人に示せば人が集まるとでも思っているのでしょうね。


私のような経理担当者が転職をするとき、「固定残業代**時間含む」を考慮に入れて、現職より下がる場合は、応募候補から外します。


月給には固定残業代40時間、50時間を含むと書いてある求人は論外です。


だって、残業月40時間は、月20日出勤なら毎日2時間の残業があることを示しています。経理で毎日2時間の残業って何をするのですか?


経理という仕事は、毎月決まったことを決まったときに行えばいいだけですので、業務の優先順位をつけることは容易です。


そしてある程度、経理の仕事は自分の裁量で仕事ができますので、それでも、残業が発生するのは業務量を明らかに間違えています。


管理職が部下の業務量を把握できないくらい能力が無いのでしょうね。上場企業が決算後に行う株主への資料を作成を含んだりするのであれば理解はできますが、それでも慢性的には残業は発生しません。


ただ残業代を払いたくないだけ

固定残業代を**Hを支給するが、**H超過分は別途支給書いてあるが、だったら、残業時間が0の場合の基本給を書けばいいだけの話です。


だいたい労働基準法で1日8時間と決まっているのに、それを超える時間を働かせようという魂胆が、堂々と求人に書いてあるという日本の求人は終わっている。


安く人をこき使いだけの経営者の本音がよくわかります。


ちなみに、犯罪を犯した囚人は刑務所で、一般サラリーマンと本質的に同じである刑務作業という労働を行います。


例えば、タンスを組み立てたり、調理をしたりという作業を行います。彼らは一日7時間30分?という決まった時間働いて、途中に10分だか15分の休みを挟みます。


もちろん囚人の終業時間は厳守で残業なんてものはありませんサラリーマンと囚人は同じことをしています。


常々言っていますが、私は囚人より長く働きたくないという感情をいつも持っています。これ人としては自然な事ではないのか?

一日6時間労働でOKという会社は無いんですかね?6時間勤務だけど8時間分のお給料が出て、8時間を超えたら残業代支給の会社ですね。


話題になると思うんだけどね。誰もやらないね。世の中の大部分(会社)は働くに値しない刑務所未満の労働環境なんだから、どうやったら人が集まるのか?ということに知恵を使えばいいんだよ。


金にだらしない奴は全てにだらしない

労働者はお金を得るために、やりたくもない労働をし、時間と命をお金に換えている。お金というのは命の次に大事なものです。その大事なお金を小細工で誤魔化す奴は信用がならない。お金にだらしない奴は致命的に駄目。


残業代を払わないで、社長しか乗らない社用車wなんて買っている社長、家族旅行の旅費を会社のお金から出す、そういうだらしない事をしながら、会社を大きくしたい、上場させたいとか言っている奴はすぐに*ね。


一人会社なら良いかもしれないが、従業員を雇わないと仕事が回せない状態なら、従業員のやる気を削ぐような事はやってはいけない。


薄給の従業員だって自分のお金で車を買っている。自分がもらった給料から家族旅行などの家族サービスをしている。当然だ・・・


だけど中小企業の社長は自分の欲望を叶えるための身銭を切らない。


そんな不公平な光景を見せつけておいて、従業員に真面目に働けなんてどの口で言うのか?


それで、浪費をしていて、社長が資金繰りで悩んでいたら場外ホームラン級の馬鹿です。


特に経営者で給料を誤魔化す会社なんてろくな会社ではない。労働基準法に抵触するリスク、インターネットで悪評を書かれるリスク,慢性的に残業があると思われるリスクがある。


資金繰りが良くないには、経営者がお金にならない事をこだわるからでしょう。経営者はお金になることを考えろ。お前のお金にならない理念、自己満足に付き合わされて疲弊するんだよ。


定時で帰れない

1日8時間以上に働かされるでしょう。「残業代を払っているのだから働け」という言われるのが容易に想像がつく、「残業の有無に関わらず残業代を支給」とかいてあるが、経営者は労働者を働かせてくるに決まっている。


そういう光景がすぐに出てくる。だって経営者が自分に不利な条件、ルールを作るわけないでしょう。


「残業代を払っているのだから働け」が通るなら「残業代は要らないから働かない」という選択肢もあるでしょう。


こういうことを平気で言える状態を手に入れる為、貯金に励み、投資に回り、不労所得を得る身分になるために私は頑張らないといけない。お金が無いものは、自分の意志をお金に奪われるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました