スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーターにはならない方がいい

サラリーマン

労働者の皆様


こんにちは。働きたくない労働者の味方であるリェータです。日頃から「労働が嫌い」「会社を辞めたい」と口にしまくっているが、会社というかフルタイム労働者を安易に辞めない理由を書いていく。資産があって労働がダルイなら辞めてもOKですよ。


もし、あなたがブラック企業で搾取されている薄給サラリーマンなら、フリーターの方が良いと思いますが、そこそこの平均的な給料を貰っているサラリーマンなら、会社を辞めてフリーターになるというのはお勧めしません。



給料が時給で計算される

フリーターということは月給ではなく、時給で働くスタイルなので、働いた時間が多いほど、お給料が多くなります。逆に言えば働く時間が少なくなると、給料も連動して少なくなります。


月給ではないので、盆や正月など国民の休日が多いときは、稼働時間が少なくなるので、その分給料も少なくなります。勤務日数に基づく月給制の人だと、この心配はありません。長時間働けなくなって減少した給料 < 生活費 となっていしまうと貯金を切り崩す生活がはじまります。そして経済的に少しづつ追い詰められて余裕がなくなります。


ここで資産がゼロに近づいて生活保護を受けるという選択肢も出てくるが、私のように一人でいることが好きな人間、隠遁者のような人は、自分の生活が役所に侵されることを嫌がる人もいるかもしれない。

誰もが歳を取る

どんな人でも歳を取ります。歳を取ると体力が低下します。30代後半から体力の低下が顕著で、体が思うように動かなくなり、働くことができる時間が少なくなります。そうすると、時給で計算される給料も少なくなり貯金を切り崩す生活が待っています。


体力が無くなるということは、医療費の増加を意味します。収入減、支出増のダブルパンチで辛くなります。20代のフリーターはいいんですよ。。。30過ぎると体力の低下を実感するようになりますね。。。

当然、親も歳を取る

親も歳を取ります。あなたが20歳前後、20代半ばなら親の年齢は50代でしょう。ただ、あなたが30歳になるころは親御さんは60歳を迎えて、勤め先は定年退職で年功序列に基いた高給は終了です。親御さんは定年後は、著しく給料が低いパートや嘱託という身分で働くことになります。

人は一度上げてしまった生活水準を落とすことはできませんので、親御さんは現役時代の生活水準、息子や娘がフリーターで、親が養っていると、親御さんの資産を切り崩しながら生活をすることになり、これが徐々に親の経済的に追い詰めることになります。親が定年退職し経済的に弱くなってからフリーターが動き出すことがあるんですけど、そのフリーターは30代になっていることが多く、就職活動がうまく行きません。なぜなら、就職活動を行う上でのライバルは20代前半の若者だからです。

68 :就職戦線異状名無しさん :2006/10/17(火) 20:17:51
10~20代:適当に暮らしていても、親もまだ現役世代なのでまだまだパラサイト可能。
夢がある、やりたい事を探しているなどといいつつ、社会人に比べると たいした苦労もなく、
自由を謳歌した気ままな生活を送る。一生フリーターでもいいやなどと豪語する。

20~30代:同級生たちは中堅どころ。自分はまだまだ浮草生活。ただ、親が退職した頃から生活費が苦しいことをリアルに感じ出す。しかし改心していざ職に就こうにも
年齢制限、職歴なしで全て書類落ち。
面接にも漕ぎ着けられない。ようやく現実を知る。
身分に差がつき始め、恥ずかしくて友人の結婚式や同窓会に出席できなくなる。

30~40代:社会人の同級生はぼちぼち管理職となり月収も増え、ボーナスの額に一喜一憂するが、
自分の時給は20代の頃と変わらない。それどころか、体力は衰える一方なのに、
仕事はバイトで、相変わらず、単純作業・深夜・立ちっぱなし等の肉体労働。いまだ職歴なし。
普通の庶民の生活に憧れるが完全に手遅れ。結婚も家庭も諦める。絶望が全身を支配する。

40代~  :若いフリーターの方が使えるのでバイトを首になる。新しいバイトを探すも、
物覚えが悪くいざって時に首を切りづらい高齢フリーターは嫌がられ、バイトも見つからない。
当然、貯蓄があるわけでもなく、親戚からも疎まれる社会のお荷物と化す。
いつしか一線を超えてしまい、雨風をしのぐためのビニールシートを購入する。
服は毎日同じ。プライドを捨て、コンビニ・飲食店の残飯あさりを始める。

60代~  :同世代は孫ができ、退職後は退職金やこれまでの貯蓄、年金等で、
贅沢とは言えないまでも普通の暖かい老後を送る。幸せな普通の人生と言える。
一方、長年に渡る浮浪者生活で体はボロボロ、あちこちが痛む。しかし健康保険もないので
病院にも行けない。もちろん年金などもらえない。あとは時間の問題にすぎない。

終末   :親族の中では行方不明のまま、共同墓地で無縁仏となる。

私が親が存命の間、労働する理由の一つに、退職して親を困らせるようなことをしたくないからです。私の親は、幸い毒親ではない。こんな捻くれ労働嫌いの人間を、ここまで育ててもらった恩があるからこそ、親を経済的に追い詰めることはしたくない。親を困らせることはしたくない。


親孝行をしたいな。20代の頃は薄給税理士事務所でヒイヒイ言っていたが、あれから10年が経ち給料が上がってきた・・・親に色々な物を購入することができる。親の元気な姿を見れる回数や期間は、あとわずか。

解雇される

働く時間が減るということは、欠勤したりすることもあるでしょう。勤務態度が悪ければ解雇されます。そうすると新たなバイト先を探すことになりますが、そのアルバイトの席も10代、20代の若者と争うことになりますし、若者と争っていも勝てないでしょう.若いというのは財産なのです。この絶大な「若さ」という財産は、若い時に気が付くことはありません。私のように40歳近くになって気が付くのです。

失業手当や年金の金額が減ってしまう

フリーターということは、一部のフリーターを除いて、正社員とは収入の差があります。会社を辞めた後、もらえる失業手当があるのですが、この失業手当はやめる直前の直近6か月のお給料額をベースにして決めますので、収入が多い正社員の方が高くなります。逆にフリーターだと、直近6か月の労働時間が短いと、失業手当を貰っても、あまりお金が溜まらないという事態がおきます。

年金は国民年金と厚生年金がありますが、フリーターだと国民年金保険料を払うことが辛いです。2022年現在だと、月額約16,000円で、低収入のフリーターには大きな金額です

フルタイムのフリーターでも週の労働時間が20時間以上だと厚生年金の加入義務がありますが、この厚生年金は、給料から天引きされている厚生年金保険が多いほど、将来の貰える年金額が多きなります。ということは、稼いでいないフリーターは年金額が小さくなります。

税金が重い

正社員をやめてしばらくは住民税と国民健康保険料、国民年金の支払いがきます。この2つは、昨年の所得に応じて払う金額が決まるので、正社員を辞めてフリーターになると、収入がある正社員時代の所得に応じた税金と保険料を払わないといけないので、それが大きな経済的な負担になります。


貯金をする習慣がない人だと、これらは払えません。早期リタイアを目指す人で貯金をしまくる人なら、これらの支払いは余裕だと思うが・・・・


特に、住民税を滞納するのは非常にまずいです。これを滞納すると公的なサービスを受けるのは困難ですし、色々な経済活動に制限が付きます。延滞金の利息も非常に高いです。

白木やコピペ

1: 風吹けば名無し 2014/02/12 20:24:04 ID:/+rTEWGR
なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。


俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、おごってもらったのが白木屋だったな。
「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」お前はそういって笑ってたっけな。


俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。


2: 風吹けば名無し 2014/02/12 20:25:11 ID:/+rTEWGR
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。 油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。

なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、 本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?


でも、今のお前を見ると、お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、 俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ


3: 風吹けば名無し 2014/02/12 20:25:42 ID:/+rTEWGR
新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、 使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。

だけど、もういいだろ。十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

人は歳を取るほど、色々な人生経験を積みます。サラリーマンをしていて賃金を得て、それを繰り返して資産を形成したり、妻子を持ったりするだが、フリーターだと妻子は持てないでしょう。お金が無いから行動が制限されてるから、同じような居酒屋に行くことが多いんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました