30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

私が幸せを感じる時

      2016/08/12

好きな時間に起きて、ご飯を食べて、仕事を初めて、仕事を終える人生ですね。
自由があり過ぎると不安を感じますが、私は感じなかったですね。

無職は日々幸福感を感じていましたし、月曜の朝の気持ちの落ち込みもなかったので最高でした。人によっては何もしないことに不安を感じたりするようなのですが、これは私は感じなかったです。それより朝の駅にいって、満員電車のサラリーマンたちを見ている方が体に悪いですね。あれを見るたびに気分が落ち込みます。

結局、通帳残高が減っていくのを見て、嫌になったからサラリーマンに戻りましたけど、お金があったら絶対に無職のままですね。何もしなくもお金が手に入るならその状態になろうとしますよね。一回生活保護を受けると、抜け出せなくなるというのは分かりますね。マイクタイソンだったか忘れたけど、「福祉はドラッグみたいなもの」といのも納得ですね。

不労所得を増やすために頑張りましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ

 - 自由な思考 ,