アクセスランキング 生活費をクラウドファンディングで集めたっていいのでは? - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

生活費をクラウドファンディングで集めたっていいのでは?

   

タイトルに書いてあるとおり、クラウドファンディングで生活費を集めようとする人がいるようです。
個人的には、これお金を集めるのはありだと思います。税金の面はどうかわかりませんが。

生活費を募る

資金を集めている人のブログから引用したのが下記の文です。

僕がなぜこのような一大決心をしたのか。

それは、子供と妻に負担をかけたくないからです。

今まで当たり前のようにしていた買い物や外食を、金銭的な理由で我慢させていることが本当につらい。
妻は体を動かすことができないので、少しでも足しになればと服をメルカリで売る日々。

妊娠中の妻との新婚生活が別居ってありえないじゃないですか。
でも今の僕にはそれを支えるだけの経済力がない。悔しいです。

もちろん、とても険しい道のりになるだろうっていうことはわかっていますよ。お金を集めるって大変なことですから。

でもね、僕はそれでも挑戦したいんです。

子供と妻のためにお父さんがんばるで。

記事を読んでみて思ったのが、ファンディングと書いてあるので、何かしらのビジネスかとおもったのですが、単純に生活費を集めているようです。何か事業を興したりするわけではないです。赤ちゃんが生まれるので、それにかかわる費用をネット上で募っています。

時代が変わったものだと実感します。私が20歳のときはネットはありましたけど、クラウドファンディングというものがまだなくて、不特定多数からお金を募る仕組みはなかったです。今の、若い人は選択肢があって羨ましいです。私が20歳のときなら、道路に立って寄付金を募るくらいしかできないです。

私はそういうことはやりたくないんですよね。道路に立って寄付をしてくださいと言うのは、働くことができない子供たち、おじいちゃん、おばあちゃんがやるもので、働く元気がある若者がやるものではないからです。だから、今回の寄付を募っている人は批判をされているのでしょう。

出資ではなく寄付

これ何かのビジネスを起こすのではなく、配当金、利子ももらえない、株券ももらえないのなら、ただの寄付でしょう。だって、お金を出した対価がないからです。ネット上に設けられた賽銭箱にお金をいれるだけです。

問題ないと思う

これって、普通のルートだと、私たちが稼いだお金が、所得税、住民税となり、税務署を経由して、寄付を募っている人に渡るのが正規のルートですが、これだと、税務署を介在しないでお金を必要としている人に直接渡りますので、本当に無駄が無い方法で良いと思いますよ。

助けたいと思った人が助ければいい。変に応援メッセージを送らないで、困っている人にお金を渡すという一番助けになる方法です。

世の中には それではいかん 助け合わねばなどと……言い出す輩もおって……
わしは実に…… こういう連中が嫌いでの……
もし本気でそう思っておるのなら さっさと金を送ればいいのだ
グズグズ言わずに…………
ビシビシ送るべしっ……!

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - ネタ ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。