アクセスランキング 企業奴隷、地元に帰る - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

企業奴隷、地元に帰る

      2018/05/20

労働者の皆様。

こんばんは。こんな社会人失格代表のブログを訪れていただきありがとうございます。労働嫌いの人たちの星になれるように精進しています。GWも半ば、私もそろそろ地元に帰ろうと思う。働きたくない、本当に働きなくないが会社を辞めることはまだできない。

親に心配をかけたくない

私の父と母はまだ元気だ。60歳を過ぎて衰えて、老けてはきたが、全然元気。親が元気な姿を見るといいものだ。親との仲も険悪ではないので、1週間くらいの休みがあると地元に帰る。実家に帰ってもやることはないから、この、みんなの労働意欲を削り続ける、この有害ブログを更新することぐらいか?

まぁ、母が話す人なので、母の仕事の愚痴をずっと聞きづけているのかと思っている。ずっと愚痴を聞いていて、母の顔見ていると、年老いてきたのがはっきりわかるんですよね。父も老けえているのがよくわかる。体が小さくなっている気がする。本当に、、、、だから両親を心配させるようなことは極力したくない。私が仕事を辞めた・・・と伝えたら心配されるのが目に見えるから、会社員として働いているんですよね。

以前、親にあと、何回会えるのか?というサービスを紹介した。
See your Folksというサイトです。これに情報を入力すると親に会える回数はそうは多くない。

最低限考えていること

あとは、私が生きる理由は、両親より先に死ぬのは辞めようと考えている。両親がこの世からいなくなったら、もう人生は十分と考えている。別に妻子がいるわけでもないので、生きていても労働地獄で消耗させられるだけの人生なんて、真っ平御免です。労働のせいで、いったい、どのくらいの人生、時間を無駄にしたと思っているのか?こんなことを書いているので、精神が弱っているんだなと実感する。

10代、20代、30代は力が漲る、色々な事に挑戦ができる20代前半、こんな貴重な時期に、クソ会社で時間を浪費したことが非常に悔やまれる。あとは大学進学も時間の無駄ですね。文系の大学に通ったが、大卒の資格が欲しいだけで、勉強はほとんど真面目にしなかった。だって大学で学ぶことなんて無いからね。サラリーマンをしながら4年で卒業しましたけど、この大学での勉強も非常に無駄。こんな生産性がない、お金にならないことに労力をつぎ込みたくありません。

早く実家に帰らなければ、、、

当ブログお薦め記事

一応、言っておく

このブログが1位になったら・・・

奴らはビビる、私もビビる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

こんなブログにやけっぱちの応援を!

こんなブログに悪意の応援を!

 - 小言

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。