スポンサーリンク
スポンサーリンク

FIREの失敗って何ですか?

世の中の労働者の皆様


こんにちは。労働するかしないかを選択できる身分になりたいリェータです。少し前に、FIREした先輩方が労働に戻っている話を聞いた。なんだそれ?と思ったが、資産形成をした後、資産価格の暴落で含み損が大きくなったから労働に戻るという話だという。(違っていたら教えてください)

個別株投資

特定銘柄の将来の値上がりを見込んで株を購入することだが、この目論見が外れると精神にダメージが蓄積されていく。含み損が辛いのは当然だ。人間は損を許容するほど強くは無いの、得した事より損した事の方が記憶に残っている人も多いと思う。


私は個別株は、純粋に応援したい気持ちが無ければ購入するつもりは、今のところは無い。なぜなら、私は選ぶ才能は全くないから、個別株って判断が難しいじゃないですか。粉飾していても監査法人が見抜けないこともありますし、東芝にみたいに巨額の損失をひた隠しにして5年、10年後の発覚することもあります。

チキンはインデックス投資

だから、私はインデックス投資なんですよ。巨額の含み損が嫌なら米国債をまとめた銘柄を購入するのです。私はチキン、損することに非常に抵抗があるのです。youtubeの**大学とかいうより昔から投資をしているんだよ。なぜなら、働かないで口座に分配金が入金されるから

色々な金融商品を見てきたがインデックス投資に落ち着きます。

FIRE失敗

これだって、投資をしているのに含み損に耐えられなくなり=お金がなくなり労働に戻るって話でしょう?要は金の話なんですよ。お金があれば気分転換程度に労働をすればいいのです。


なんだよ。FIRE失敗って、巨額の投資をしている奴が暴落に狼狽えるならFIREしなければいいんだよ。投資していたら大なり小なり損はある。それを受け入れてFIREをするのです。まぁ、メディアが好き放題記事を書いているだけなので、誇張しているかもしれないね。私のように労働から解放される人間が増えてたら社会インフラがズタズタになるし、娯楽系の商売が確実に干上がります。


FIREを目指すものは圧倒的少数の方がいいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました