スポンサーリンク

楽にお金を稼ぐべき

労働者の皆様、


こんにちは。労働なんて1秒でもしない方が良い、楽してお金を稼ぐべき、仕事はできるだけサボり仕事をしている振りをする技術を身に付けるべきと本気で思ってるリェータです。


日本政府が立てた「学校」という組織に子供たちを送り、子供たちが学校に通い、卒業して働き始めるところ、日本には労働を神聖化する人がたくさん出てきます。まぁ、学校教育受けた大部分の人なんですけどね。私も含めて・・・私が勤めていたどの会社も、たかが仕事に人生をかけている人がいましたよ。

スポンサーリンク

たかが平社員なのに

毎日遅くまで働いて、有給はほとんど取らないで、ずっと働きっぱなしの人がいます。上司から与えられた仕事をこなすために頑張って、自分と同じように仕事ができない人を「使えない」と言ったりします。


あんまり頑張っている人に、こんなことを言いたくはありませんが、雇われの身である限り、仕事を倍こなしても、給料は倍にはなりませんよ。


せいぜい、多くの仕事をこなした結果生じた残業代をもらうのが関の山でしょう。それどころか仕事量、上司のあなたに対する期待値が上昇しますので、あなたが少し仕事を間違えたりしただけで、評価が下がったりします。


もう一度言いますが、あなたの給料は上司が決めますので、会社が儲かっていることと、上司があなたを高評価をしなければ、お給料は上がりません。残業に自分の貴重な時間を投下するくらいなら、副業を頑張って収入源を複数持つ方が良いです。そうすれば上司にムカついて会社を辞めようが無収入にはなりません。

給料上げたいなら転職した方が良い


真面目な話をするなら給料を上げる一番の方法は転職をすることです。似たような業務内容でも会社により利益率が違いますので、利益率が高い=儲かっている・・・会社に転職するのがベストです。私の例で言うと、会計の仕事をしていても給料は違います。これまで零細税理事務所→中小企業経理総務→商社経理を得て現在に至るが、給料は転職するたびに上がっています。


商社経理が一番売上が大きく利益も大きいので給料の上昇余地がある&年収も上がります。あなたが上司がいくら有能と判断されようが、会社自体が儲かっていなければ給料は上がりようがないのです。


また、会社ごとに労働環境も大きく違います。前職の中小企業は、残業が全くなかったが、現職は残業が非常に多い。その代わり年収が上がる。この年収と労働強度のバランスを取るのが非常に難しい。(民間の転職サイトの求人を眺めていて想定年収が500万円を超えると残業が多くなるような気がする。)


それと前職の中小企業の社長の一声で給料が決まることは無い。給料テーブルも決まっているので、勤務し続ければ給料は上がっていく。前職の中小企業にいたら年収は、これ以上上がらないでしょう。そもそも、どうやったら給料が上がるのか未だに不明です。

仕事が一番

「仕事があるから」はどんなものよりも優先されます。それが、私がサラリーマンを辞めたい理由の一つです。休日、職場からの電話で、久しぶりに友達に会う約束も無くなりますし、子供の里帰りを待つ両親との再会もなくなります。


会社の社長は儲けは全て自分の物になるから、休日も無く働くべきだと思いますが、平社員がなぜ、プライベートを犠牲にして働かないといけないんですか?


たかが年収300万円、400万円で仕事に全てを捧げたくありません。スタートアップの企業なら労働環境が悪い、就業規則すら無いこともあるので、それを見越して、相場より高給で雇ったり、昼夜関係なく働かせたいなら労働者に株を渡すべきです。


そのくらい労働者を働かせて上場することができれば、莫大な資産が手に入ります。100円で買った株が2,000円になれば大儲けです。それくらいの利益が与えられるなら1日12時間労働とか休日出勤をさせても構わないと思いますが、年収300万円、400万円で雇った労働者に、株を渡さずに長時間労働や休日出勤させて良いことではありません。


居酒屋の雇われ店長とかいるじゃないですか?求人を見ると年収500万、600万円とか貰えますけど、彼ら1日中店にいて、休日も少なめで、多少割高な給料しかもらえてないです。それ割合わないし搾取っていうんじゃないですか?


たかが平社員なのに休日に仕事連絡をしてくる奴を見ると**したくなりますね。無視したり、仕事を断ると、仕事を一番としていない私みたいな人への評価は相当悪くなります。


人は生まれた時から不公平で、5,000万円、1億円を持ってないだけで、やりたくもない労働をしないといけない人がいることに対する理解が足りない人がいます。


たかが同じ平社員でなぜ、そんな仕事を頑張り、それを他人に強要するのか理解が全くできない。この日本という国の人々は、自分と同じように仕事を第一にして、汗をかいていない人に対して、不満を抱くみたいです。

生活保護自体は悪くない

私を生活保護を受けること自体かまわないと思っています。世の中、色々な人がいて、貧困に陥る理由は様々です。普通に働いていた人でも親の介護をきっかけに貧困になったり、借金の連帯保証人になったり、病気で貧困なる人がいます。


そういう人を救うのに生活保護を利用するのは問題ないと思っています。人に迷惑かけなければ、余った時間で遊んだりしてもいいじゃないですか。


さすがに外国人に生活保護を支給させたりするくらいなら、強制帰国させればいいし、それでも帰らない不法滞在者なら、ワタミや、たかのゆりビューティクリニックで働かせればいいんです。労働辛すぎて日本から逃げたいと思わせればいいんです。


それと、生活保護受給者は時間を持て余して政治活動を行ったり、支給額が足りないとデモや記者会見を開かなければいいです。そもそも、本当に困窮している人は、そんなことをする元気はありません。

労働が嫌いな人もいる

私のように、仕事かったるい、労働自体に嫌悪がある私は、特に女性から評価は最悪です。自由な人の典型は「ニート」と呼ばれる人で定職につかずに、家でゴロゴロしている若者を指します。


彼らは社会から批判されます。こんな属性の人はどうすればいいんですかね?無理矢理、転職活動して就職して同僚になられても迷惑じゃないですか?労働を嫌悪している人間なんて・・・


労働嫌いで生活保護を申請しても、審査は通りません。貧乏人には事実上の避けれられない労働が待っています。

労働嫌いな人はたくさんいる

日本人は会社を嫌っていることは、色々な記事で紹介されている。例えば東洋オンラインで以下の記事を見つけたので貼っておく

東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/103608?page=2

これを見ると日本人は会社を嫌っている(Engagedの割合が最低)のが明白なんだよな。理由は思いつく・・・・

  1. 有給が取れない
  2. 仕事を早く、効率的に終わせると新たな仕事が降ってくる
  3. 残業が慢性的
  4. 平社員の転勤
  5. タダ働き強制

上記の事を強制、あるいはやらざるを得ない状況に追い込まれているサラリーマンなんて腐るほどいるでしょう。特に許せないのが5番、働いても給料が貰えないなんて懲役かよwww


タダ働きを強制されたから、こちらも会社の倉庫から商品を代金払わず持って行っても問題ないんだな?やると窃盗で捕まるとか意味不明だよ。


その点、2022年時点で加筆している時点で勤務している勤務先は残業はした分だけ支給されるので有難いですね・・・というか当然。世の中には残業代を支給しないフザケタ会社がたくさんある。そういえば税理士事務所は、残業代が支給されませんでしたね。フザケタ奴です。


参考記事:税理士事務所から経理に転職した理由

会社は守ってくれないよ

私が学校を卒業してから15年程経つが、新卒で入社したIT業界では、客先常駐という名の実質派遣、人売り商売の駒として、客先で働いていました。


人売りは、派遣元から派遣先に送られている労働者の労働時間に基いて売上が派遣先から派遣元に入金されますので、現場で働く労働者である技術者が長時間労働をするほど、派遣元の会社が儲かりますので、IT企業は人売り商売を辞めません。


私も長時間労働、ちょっと残業が多いな・・・と思うレベルではなく、時間外労働が月に150時間というあったレベルです。この長時間労働で精神がやられて退職した人、家に帰れず妻から離婚を言い渡された人等を20人くらい見てきました。


長時間労働でしんどい思いをして、少し多い給料を稼いだところで、ストレスから来る食費の増加、薬代、通院費で時間とお金が消えますよ。そんなことになるから、最初から楽に、少なくお金を稼いだ方が時間が使わない分、人間的な生活ができるじゃないですか?


人間は誰でも歳を取り、体力が落ちてきます。20代のような体を酷使した働き方なんてできなくなりますよ。だから、若いうちから体に負担をかけないで給料を得た方が良いのです。

不労所得を得る

一番楽にお金を稼ぐ方法は、労働しないでお金を稼ぐことです。労働して給料を得る方法取る限り、自分の労働力と時間を給料に交換する作業が出てきます。


私は、このお金の稼ぎ方は嫌いです。なぜなら、体を壊して労働できなくなると無収入になるからです。


・・・ということは労働しなくていいように収入源を確保すれば「楽にお金を稼げる」わけです。このブログの読者なら常識ですが、私には、米国ETFから生み出す不労所得があります。


一度購入していれば購入額の2%(年利)ほどのドルが私の証券口座に入金されます。金額が微々たるものですが寝てても口座に分配金が入金されるのは気分がいい。この入金額を増やすことに躍起になっている。


私は仕事の愚痴ばかりを書いているが、労働から逃げるための努力を惜しまない。なぜなら労働が嫌いだから。毎日、起きたくもないのに目覚ましで起こされ、通勤して、労働するのが苦痛だから・・・こんなことを年金貰うまでやりたくないのです。


どこぞの情報商材みたいで嫌だが、私は本当に不労所得がある。ただし、この方法は凡人には苦痛が伴います。その方法は株を購入する為に貯金をしないといけないことです。人は一度上げた生活水準を下げることに躊躇しますから、株を購入するために貯金をするなんてことはできません。


その節約生活を1か月ではなく、年単位で行う必要があります。この手の株からの分配金の効果を知るには1000万円は無いと実感できないかもしれません。100万円の資金では不労所得は年間2万円です。これだと、不労所得の威力を実感きませんよね。


私は普段から節約生活を当然のように行っています。月の生活費も10万も届きません。少ないと8万円代です。月に20万円以上貯金も難なくできます。それを継続できます。私が貯金をする理由は労働したくないからです。貯金残高=労働免除券です。


この不労所得を得る方法を構築して良かったことは以下の記事で書いている。
休職したが貯金残高が減っていない

早期リタイアブロガー > お金のプロ

この手のお金の話をしていると自称お金のプロ(ファイナンシャルプランナー)が湧いてくるが、言うことは大体一緒、固定を見直しましょうとかね。そんなことより、世間の同年代より遥かに資産を持っている早期リタイアを目指しいる人のブログを真面目に読んだ方が遥かに有益です。


なぜなら、彼らは労働から得られた給料を把握し、支出をコントロールして貯金を作り、その貯金を原資に投資して不労所得を形成しているからです。その金額も何千万という大金を形成した実績があるからです。お金に困りたくないなら、お金持ちに聞くのが一番です。さらに、この手の零細底辺ブログは誰からもお金を貰っていないので、ポジショントークみたいのは少ないと思う。利害が絡まないところに真実があります。逆にお金が絡むと真実は歪められます。

働いたら負けなのか

「働いたら負けかな」と発言した男性も物議を呼びました。私なんかは、別にニートもいいじゃんと思います。


参考:
働かないことが悪い事ではない、お金が無いことが悪い事?


上記の記事に長々と来ているが、何十億円を持っていて働いてない人と、資産ゼロで働いてない人では印象が全く違う。2人は「働いてない」ということは共通だが、保有資産額が違う、なのに前者は「羨ましい」と言われ、後者は「働けよ」と言われる。・・・ということは働いてないことは悪い事ではないのです。資産が無いことが悪いのです・・・・価値を稼げない無産者が悪なのです。極端ですか?


話を戻して、他人が楽をすることが許せない、妬む日本人は、ニートが増えるのは歓迎するべきです。だって「ニート」が労働市場から退場することで、働く人の価値が上がります。賃金も上がります。そして、「ニート」の分だけ仕事が増えて、他の日本人は、いっぱい働けて満足じゃないんですか?

ニートを嫌う理由を理解できる

ニートが増えると税率が高くなって、生活保護受給者へのお金が流れ、税金が跳ね上がるから、税金を払っている身からすると、たまったものではないという気持ちも非常に分かります。


ニートを嫌う理由は、「お金を稼いでこないのに、お金を消費するニートの為に、労働を強制されるから」でしょう?


それとも、教育の刷り込みから不明ですか?


働いてないと世間から取り残されているような気持ちがありますよね。あれって何なんだ?労働から解放されて空を飛べるような解放感があるのは、無職になって数か月と言われますけど、私は違いましたね。


私は2年近く無職していた時期がありますけど、まったく苦ではありませんでした。ただ「減っていく貯金残高を見て、労働をせざるを得ない状況に追い込まれること」にストレスや、世間から取り残されている感を感じるのです。一回、無職をしたら永遠の夏休みを取れる人なんて絶対数が圧倒的に少ないから情報が無いんじゃないのかな?(リタイアした人除いて)

ニート自体が悪いわけでない

株取引で有名な「ニート」を自称しているBNFさんとかは、汗はかかずに、株の売買だけで生計を立てています。「ニート」に批判的な人はBNFさんに腹を立てるのだろうか。彼はニートだけど、莫大な金額の税金を払っているから社会にも利益がある。



それでも、ニートに対して批判的な人というのは、汗を垂らしているのが重要で、お金は汗を流した対価と思っているのでしょうか。


以前の記事でも触れましたけど、給料は「労働の対価」ではないですよ。「経営者に提供した価値の対価」ですよ。義務教育で必ず教えるべきことです。お金を稼げれば、犯罪行為でなければ、何でもいいんです。

記事が増えてきたので、

まとめておきました。

【1回目】リタイアする、働かなくて良い方法
【2回目】毎月の収入と費用を把握する。
【3回目】働いて収入を確保する
【4回目】貯金という単純作業
【5回目】貯金の重要性
【6回目】節約の重要性
【7回目】ポイント貧乏
【8回目】無職にならない方が良い
【9回目】ボーナスだけ貯金は破滅するよ
【10回目】収入源の増やす事を考える
【11回目】固定費を把握する

コメント

タイトルとURLをコピーしました