スポンサーリンク

【5回目】貯金の重要性

お金に困るような状況にはなりたくないリェータです。「金持ち喧嘩せず」と言う言葉ある通り、お金を持っていると喧嘩することは少なくなります。逆に言うと「貧乏人喧嘩する」と言う事もできます。


お金を持っている、もっというと資産をもっている状態というのは心が安定します。誰が言ったか定かではないのですが、お金は「副作用が無い薬」のようなものです。

スポンサーリンク

選択肢を与えてくれる

お金があると「何ができる?」と聞かれれば、返ってくる答えと言うのは、美味しいものが食べられる、最新スマホが買える、マイホームを一括で購入できる、子供の大学の学費を払う事ができる、服が買えるなど、思いついただけでも沢山出てくる。


今、上げたのはできることを列挙したが、


別の言い方をすると、不幸な出来事を避けることもできる。


例えば


長時間労働で苦しむ会社を辞めることができる。


投資して、国債等、安全度が高い投資先から利息や配当金を得ることで、会社以外にも収入を確保する選択肢も出てくる。


会社以外にもお金が稼げるなら、上司の言いなり必要がなくなる。ムカついたら会社を辞めることもできるのです。


さらにローン完済済みの不動産があれば家賃もかからず、経済的に追い詰められることもなくなります。


世の中の揉め事の大部分は、お金にまつわることが多いです。それだけ、お金というものは人生において大事なものだということは、これまでの人生経験を通して嫌でも実感します。

収入源を増やすにはお金が必要

この不幸な出来事を避けるためには、お金を増やす必要がある。もっというと、収入源を増やすことが大事です。


収入源を複数増やす方法としては、簡単なものだとダブルワークがある。


体を元手にして、メインの仕事が終わった後に、もう一つの仕事に加えるだけです。この仕事のいいところは種銭がいらない、働けばお金が手に入る特徴がある。貯金がなくてもお金が稼げる。言い換えると、働かないとお金が稼げないのです。


私はダブルワークはお勧めしない。理由は「疲れるから」です。1日8時間労働をしただけでも体に負担が来るのに、さらに3,4時間の労働を追加するなんてキツイです。


20代なら大丈夫ですが、30代半ば、後半になったら体がガタガタになるんじゃないのか?おまけにダブルワークをして体を酷使して病院通いしたら稼いだお金と時間が無駄になる。薬代と医療費に稼いだお金を使ったら意味が無い。


フリーターが追い詰められていくのは、 フリーターは時給と言う労働時間に依存した給与形態なので、 歳を取り、体力が落ちて長時間働くことが出来なくなってくるんですよ。


闇雲にダブルワークを否定はしているわけではない。ある程度の投資の種銭を作るためには労働をたくさんするという選択肢としてはありです。だってメインの仕事が薄給だと永遠の労働地獄ですからね。


それを避けるために、私や早期リタイアを目指す人が常に頭に叩き込んでいることがある。 それは情報商材の宣伝文句みたいで嫌だが。 お金にお金を生んでもらう体制を構築することです。


具体的にすることは、労働で得たお金を極力使わない、余ったお金で「持っているだけでお金が発生する」ものを購入しています。持っているだけでお金が発生するものは株、著作権、特許権、不動産、ウェブサイト等があります。これらのものを全力で購入をしているのです。


著作権や特許権は一介のサラリーマンには手が届かないし、サラリーマン勤めなら発明した権利の所属は勤め先の会社です。不動産は多額の資金が必要、アフィリエイトで稼ぐのも才能が必要です。


さきほど列挙したなかで、私のような才能が無い人間にもできることがあります。日頃の節約で貯金をし、その貯金のうち10万円、20万円を株券に交換する。それだけで収入源を増やすことができる。


アフィリエイトができない。権利を創造できない。だから持っているだけでお金を稼いでくれる株を全力で購入している。


どれもお金(種銭)が必要

「会社 辞めたい」「退職代行」「会社 行きたくない」という検索ワードで、このブログに来る人がいるが、会社を辞めたいなら、貯金をしてくれ。その貯金を使ってお金を稼いでくれる権利を購入してくれ。


貯金ができない?


だったら永遠に労働な、ムカツク上司の顔色を伺いながら、やりたくもない労働をして、毎週、月曜日の朝はゾンビのようになっていればいい。


それでもできない?なら永遠に労働してろ。貯金は不労所得を得る為の挑戦権です。貯金が無いと勝負すらできないのです。私の人生は貴重、会社なんかに自分の人生を台無しにされてたまるか。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

記事が増えてきたので、

まとめておきました。

【1回目】リタイアする、働かなくて良い方法
【2回目】毎月の収入と費用を把握する。
【3回目】働いて収入を確保する
【4回目】貯金という単純作業
【5回目】貯金の重要性
【6回目】節約の重要性
【7回目】ポイント貧乏
【8回目】無職にならない方が良い
【9回目】ボーナスだけ貯金は破滅するよ
【10回目】収入源の増やす事を考える
【11回目】固定費を把握する

コメント

タイトルとURLをコピーしました