アクセスランキング 20代の若者へ、貯金をしないと後悔するぞ - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

20代の若者へ、貯金をしないと後悔するぞ

      2018/08/18

労働者の皆様。

こんにちは。労働嫌いで会社から脱獄したいリェータです。
今回の若者向けの記事、特に20代前半、大学、高校、専門学校を卒業した人向けで、働き始めて日が浅い人に向けての記事を書きます。若者より少しだけ早く生まれて、30年以上生きて、サラリーマンを10年以上したおっさんから若者へ伝えたいことがあるので書いていく。

夢をかなえるのにお金が必要

日々のつまらない労働、長時間の残業前提で、上司に監視された労働を毎日繰り返して、ストレスが溜まっている若い人が多いと思います。私も非常にその気持ちは非常に理解できます。こんなクソな会社を辞めたいと考える気持ちは本当にわかります。かつての私もそうでした。

会社を辞めて好きなことをしたい、転職したいと心に抱いている人も絶対にいますが、働いていると精神や肉体が壊れるような仕事ではないなら、すぐに会社を辞めるのはやめたほうがいいです。

夢ばかりを若い人に吹き込む悪い人が世には溢れていて現実を教えない人が多いです。若者が抱く夢を食い物にする奴がいるのです。

まずは、夢を叶えるにはお金がいります。日本の労働環境が嫌で海外で働くとか、働くことを辞めるためにお金がいります。そのためには、手に職をつけたりするうえで学校に行きなおす必要があります。その学校の授業料はタダではありませんし、辞めてからの生活費が必要です。

そのお金を用意していますか?失業手当をもらうにも即座にもらえるわけではなく、自己都合でやめてしまうと、お金を受け取るのは早くても4か月後です。それまでの生活はどうするのですか。お金が無いと足元を見られますよ。

あとは、衝動で会社を辞めて、20代で散財をすると30代になっても、会社や上司への愚痴を言いながら、私のように、労働をしないといけなくなるよ。30歳を超えると肉体の衰えというものを感じることもあり、20代のようには体が動かなくなってきます。昔の人間の寿命は50歳くらいですから、30代なんて人生下り坂です。

その衰えた体に鞭を打って働くと、かならず体には異変が起きます。そして働けなくなったりするかもしれません、20代の人には想像ができませんが、本当に朝起きるのがつらくなったり、精神に異変をきたすことがあります。私の場合は皮膚をやられたり、腹痛に襲われたり、頭痛に襲われることが増えました。

特に、学校に行くのがかったるい、「面倒」と思ったことがあるなら、学校の延長である会社に行きたくないと思うこと将来必ず起きます。そのときにお金がないと、会社から逃げることができずに、足元に見られます。「会社 辞めたい」と検索すると、たくさんの情報が出てきますが、嫌でも働ている人が多数います。特に妻子持ちだと、家族の生活費を稼がないといけないですからね。

お金があるほど精神的に余裕ができますし、性格もよくなりますよ。お金がない、衣食住が満たされない人の性格は悪いと個人的は思います。この最低限が満たされていないと、人の性格を歪めます。

このブログを読んでいる人ならわかりますが、まとまったお金からお金を産んでもらうことで、お給料以外にも副収入を得ることができ、会社からの勤労収入依存するを辞めることができます。

副収入を得ることが法的に禁止されている公務員ならいざ知らず、民間企業の人なら副業をやりましょう。終身雇用が保証されない現代では企業を信用しすぎるのは危険です。副収入を得れいれば長く無職をすることもできます。

無職になるな

20代で、まとまったお金がないなら、無職になっても、すぐに仕事をした方が良い。一度無職になると働き始めるのが億劫になり、どんどん資金が減っていきます。働いてないので時間が経つのも非常に速いですし、お金の減少スピードも速いです。

早期リタイアを目指して無職になろうとしている私が、一番、後悔していることで、20代のうち3年間は無職をしていたことです。1回目の無職はIT業界から足を洗ったときに1年半、2回目は税理士事務所をやめてから1年半無職していました。その合計が約3年です。5年以上無職をしても大丈夫なくらいに、中途半端に貯金があったので、3年間無職をしたのが非常に痛いです。働いていないと無収入なのは当たり前ですが、本来貯金ができた期間に貯金を食いつぶしてきたので、それのツケを今払っています。

その機会損失が私の貯金額に多大なダメージを与えていて、精神的にストレスになっていて、早期リタイアがまだ見えない位置にいます。そしてやりたくもない労働をしないといけない状態です。

繰り返しですが、お金が無いと会社に足元を見られて、やりたくもない労働をしないといけなくなります。身近な例だと、妻子を持った同僚を見ればわかりますよね?

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - お金 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。