スポンサーリンク

【3回目】働いて収入を確保する

ご覧頂き有難うございます。貯金と言う資産がないため、やりたくもない労働をして上司の顔色を窺い、自分の心を消しているリェータです。


お金があるなら時間の浪費にすぎないサラリーマンなんて1秒でもやりたくないと思ってます。

スポンサーリンク

貧乏人は働け!

資本主義社会の宿命か?お金が無い者は働かないといけない、学生さんなら就職活動、私のような既卒者なら転職活動を行います。


転職するうえ上で大事な事は「長く働くことできる」「著しく薄給ではない」です。人間関係が一番大事ですが、こればかりは入社しないと分からないのです。


20代前半の学生さん向けにアドバイスするなら、見栄よりも長く働ける職場を探してください。高給だけど激務で体調が崩して2,3年しか働けないでは意味がありません。


外資系金融のように平均の4倍以上の給料が貰えるなら選択肢としてありですが凡人は、そんなに働けません。


ある程度の規模の会社だと「会社名 転職会議」や「会社名 評判」で検索をかけると内部の情報を得ることができます。今の若者は恵まれてますよ、私が20の時には、こんなサービスは存在しなかったですからね。

転職サイトに登録

転職媒体で有名なのは「リクナビ」「マイナビ」とかがありますね。


私のような中途採用の経理だと「MS-Japan」という経理など間接部門に特化した仲介サービスもあります。


プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】


ハロワークもありますが、玉石混合です。求人広告掲載料が無料なのでクソみたいな求人もあるのは事実ですが、優良求人広告サイト「リクナビ」「マイナビ」も同様です。


この手の転職サイトに個人情報・職歴を登録することで「自分が欲しがる会社」というものが客観的にわかります。だってあなたが転職市場で有用なら、色々な会社があなたにオファーをくれるからです。


逆に職務経歴の内容が良くないなら会社からオファーがくることが無いでしょう。転職サイトは「あなたの市場価値」が本当にわかります。

求人の確認ポイント

私が求人を眺めるときに気にするのは、年間休日数と固定残業代です。土日、祝日休みだと年間休日は120日前後です。そこに盆、正月休みを入れると年間休日数は125日~130日の間に収まります。


年間休日105日なら、土日休み(週2日休)です。ただ、年間休日105日には辛いです。年間休日120日~130日の人と比べると、20日くらい年間労働に数が多いです。1か月弱多く働かないといけないからです。


このくらいの休日数と言うのはサービス業、飲食業が多いですね。いずれも薄利多売のビジネスモデルをしている会社で、労働者が、多くの日数を働かないと利益が出せない会社です。多く働いているのに給料が低い、人気が無い職種で、年がら年中求人が出ています。



このことが示すのは、求人を募集しても「誰も来ない」「人がすぐに辞めてしまう」「離職者が多く、人が定着しない」です。


固定残業代という言葉が出たら、これも警戒します。残業が無いなら固定残業代なんか必要ないじゃないか?と考えます。少ないと月給に10Hの固定残業代を含み。多いと月に80H分の固定残業代を含む求人があります。これのせいで、現職の給料と比較がしずらいです。


これは私の意見ですが、この手の固定残業代を含んだ求人の給与ってショボイことが非常に多いです。薄給をごまかすために小細工をしているんでしょうけど、固定残業代を含んでも、たいして月給は高くない。


IT業界で働く人は、これ以外にも注意してほしい事があって、「勤務地」「勤務時間」を必ず確認してください。


この項目に「プロジェクト先による」と書いてある会社なら、人売りITであることは確定なので応募しないでください。


詳細は省きますが、この手の会社は正社員で雇用されますが、実態は客先に派遣されて働く「実質的な派遣社員」です。昇給がほとんどしない。賞与が少ない。給料と同額以上を、あなたの雇用元がお金を抜いています。



そして、派遣社員なので、あなたが歳を取り受け入れてくれる派遣先が無くなれば解雇されます。派遣社員のなので、あなたに重要な事を任せてもらえませんし、転職に有用な職務経験を積むことはできません。そういう大事な事は客先の社員が行うからです。


ただIT業界で働くことにも例外があって、個人事業主のエンジニアとして客先に常駐する場合は話は別です。なぜなら、フリーランスとお金をくれる客先との間に搾取をするものが最低限だからです。


通常の正社員だと会社に所属をしますので、あなたが稼いだ売上の大部分は会社の運営費に使われて、あなたの手元に来るのは半分以下という事もあります。フリーランスに特化したエージェントだと、その搾取率が低いです。


IT業界でも、自宅に資料を持って帰れるWEB系も良いかもしれません。フリーランスは個人事業主なので解雇や案件止めで無収入になることもあります。それだから会社員よりも一時的な収入が高いです。


あと参考にあるのは5CHとかネットの書き込みです。便所の落書きといわれる書き込みですが、この手の労働環境に関する情報は信憑性が高いです。

まとめ
・「会社名 転職会議」「会社名 評判」とググる
・年間休日数、固定残業代を見る。
・IT業界の求人の勤務先「プロジェクトによる」は応募しない
 ただし搾取率が低い個人事業主は短期的には良いと思う。
・5CHの労働環境に関する書き込みは信憑性がある。


私はIT業界に嫌気が差して脱出して経理職に就いてますが、今振り返ると、経理に転職してよかったです。人売りとして客先常駐から逃げ出すことができましたし、休日出勤がなくなったのも助かりますね。経理は経理で大変であるのですが、プログラマー時代に味わった地獄の口径を見ることは無くなりました。

プレミアムな転職をサポート|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】

記事が増えてきたので、

まとめておきました。

【1回目】リタイアする、働かなくて良い方法
【2回目】毎月の収入と費用を把握する。
【3回目】働いて収入を確保する
【4回目】貯金という単純作業
【5回目】貯金の重要性
【6回目】節約の重要性
【7回目】ポイント貧乏
【8回目】無職にならない方が良い
【9回目】ボーナスだけ貯金は破滅するよ
【10回目】収入源の増やす事を考える
【11回目】固定費を把握する

コメント

タイトルとURLをコピーしました