30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

都内、独身の一か月の生活費はいくらか。

      2019/11/12



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



労働者の皆様

こんにちは。今日も労働お疲れさまでした。やりたくもない、他人を儲けさせるため、賃金の為に自分の意志を封じる地味な作業が、今日もおわりました。労働するのって辛いですよね、本当に辛い、不労所得があるなら、こんな囚人同然の作業なんてやりたくないです。

 

あーーー、この会社と言う刑務所から釈放されるのはいつになることやら・・・

 

ふとふと気が付いたのだが、1か月の生活費はいくらなのか思い返してみた。まずは日々の生活費を把握して稼ぐべきお金を計算をしないと脱獄が始まらない。このブログでは散々お金のことに講釈をたれていますが、自分が浪費をしていたら説得力がないので、振り返ってみました。

都内での独身男性の1か月の生活費は

 

*2019年11月での家計簿です。

家賃  52,000円 *水道光熱費ネット代含む
携帯代  1,800円 *格安SIM
昼食代  10,000円 *1日 500円(さくら水産の常連)
食事代 12,000円 *朝食と夕食。
カフェ代 9,000円 *ブログ書くための場所代
定期代 5,000円
雑費  5,000円合計:94,800円

【注意】
気を付けて頂きたいのは、会社員だと健康保険料、厚生年金保険料が天引きされています。無職だと上記以外に国民健康保険、国民年金保険料の支払いが別途発生します。前年所得があると、さらに住民税の支払いがあります。食事代と雑費は多めに計上しています。実態としては月に9万円ですね。、

 

どこかのクソアフィリエイトサイトの、あのフレーズ「いかがでしょうか。」

このブログの訪問された方は、この30代オッサンの生活スタイルをどう思ったのでしょうか?私が使い過ぎなのか?それとも節約し過ぎなのか?全くわかりません。働きたくないという気持ちがお金を極力貯めようとさせるのです。この生活費を減らせば減らすほど、必要な不労所得は少なくなり、会社から解雇されるのがご褒美になるかもしれません。

 

このブログを書いていて、ほかの方の生活情報をブログで確認していると、彼らと生活スタイルに差異があることに気が付きました。

 

車の有無

車をローンで払っている方は、駐車場代、保険代、車検代、車の分割代金で1か月あたり6万円~12万円程差があることに気が付きました。この金額は非常に多い、月間6万円も違えば、年間72万円も差がでます。72万円あったら、私は8か月自由になれるのです。

 

そもそも都内に住んでいれば、通勤に車はつかえないので平日は乗ることがありません。そうすると土日くらいしか乗るチャンスが無いわけだが、そんな週2日の為にっ車を購入するつもりにはならない。欲しいものを買わないのが節約のコツです。必要なものは買いますよ。

 

 

交際費の有無

私も友達と飲みにいくことはありますが、そんなに頻繁にありません。友達、知人が多い人ほど生活費が高くなる傾向があります。月に4万の交際費って人様のブログで見ましたが、七何に使うのでしょうか?、彼女、彼氏の有無でしょうか。

 

友達が少ない事が、早期リタイアにいい影響をもたらすとは・・・

 

家賃

これも人様のブログを覗くと、一人暮らしの家賃で 7万円以上と、光熱費を別途払っている人が多いですね。私のアパートはそういうのは込みの料金なので差が出ていますね。それを考慮すると月に私の生活費と3~4万円の差が出てしまいます。私は雨風凌げれば、住むところにこだわりはありません。人生における支出の中で、住居費は比率が高く、これをいかに削減するかが重要だと勝手に思ってます。

 

ただ、私の住んでいるアパートは変人、狂人、外国人が住んでいるアパートで、NHKの職員も訪問しないほどの遺跡です。そんな住人に我慢ができる、普通の事と受け流すことができるなら、こんなアパートもありですよ。

 

 

通信費(スマホ)

国内の3大キャリアで契約している人が多いです。私も過去に支払っていたのですが、月に7,000円~8,000円払っていました。このことには気が付いたので、解約して格安SIMを現在利用して、月に2,000円ぐらいしか払っていません。ここで月額5,000円以上の差が付きます。年間で60,000円差が付きます。

 

 

見栄っぱり

あとは気づいたのですが、見栄を気にして生活水準を維持している人が多いと思います。服、靴を買ったり、外食が多いとかですね。後は、趣味の為に、習いごと教室に通い交通費をかけたり、道具を揃えたりしているとかありますね。私みたいに無趣味の人間はお金が溜まるのでは?と思います。

 

 

ポイント貧乏

うまい表現が見つかりませんでした。クレジットカードのポイントを自慢しながら色々なものを買っている人もいましたね。せいぜい還元率は1%~1.5%ぐらいです。ポイントを得るためにいくら使っているのか?と疑問をもちました。

 

ポイントを稼ぐよりお金を使わない方が資産は溜まります。節税して貧乏になるのと同じ性質があります。お金をあればあるだけ使う人は、働けど働けど貧乏なままでお金に不自由なライフサイクルから抜け出すことができません。

 

感想

上記をまとめると、私の月の生活費は最大でも10万弱です。カフェ代はもっと少ないかもしれませんが、多めに書いています。まぁ独り身、マイホームなし、マイカーなしなのでこのくらいだと思います。日々のお給料を全部使うことはまずありません。

 

残りは全て投資に回します。私はケチなのかもしれませんが、私は未来の自由と時間をお金で買っていると自分に勝手に言い聞かせています。

 

時間だ。あらゆるもの中で最も高くつくものだからな。 ロシア連邦 プーチン大統領

貯金できない人は、私にお金の管理を指せてくれたら増やしますよ(笑)

上記で書いていて目標ができたのですが、不労収入が税引き後で10万円を超えたらアーリーリタイアができそうです。

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - お金 ,