アクセスランキング 転勤はクソ - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

転勤はクソ

      2019/04/11

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

労働者の皆様

こんにちは。野良猫に「仕事したくない、会社辞めたい。代わりに仕事に言って」と話しかけているのをご近所さんに見られたことがあるリェータです。

だって労働、マジでやりたくないんだよ。ストレスが激烈に溜まる、会いたくもない人の顔を見ないといけないし、毎朝、起きるのがかったるいんだよ。

今日は労働者の人権を踏みにじる「転勤」のデメリットを書いていく。

【転勤は人権侵害なのか】いう過去記事も似たようなことを書いてますね。

共働きができない

日本にいると気が付かないが、多く国では、夫、妻は両方とも働いて家計の維持に必要なお金を稼ぎます。そうしないとと生活ができないのが共働きの理由です。日々の生活に必要な財布も物理的に分けていることもありますが、会社が従業員に命じる「転勤」がその「共働き」を破壊するのです。

商社勤めの夫の転勤をきっかけに妻が退職して、夫の転勤先についていき、妻が退職前と同等の給料・待遇の仕事を見つけることができるか?という問題にぶつあたります。夫の転勤先が東京から大阪のような都会ならマシですが、これが田舎の研究所とかだったりしたら、どうやって妻は仕事を見つけるの?

海外赴任だと悲惨で、妻が外国で、本邦内と同等の仕事を見つける事なんて不可能でしょう。そういう状況になると妻は専業主婦になるしかないでしょう。そういう側面、状況が発生するかもしれないのに、夫 or 妻の収入だけで、家計が成り立つように、転勤を命じる会社は、十分な給料と特別手当を払うべきでしょうね。というか他人の家計にダメージを与えているのだから出して当然!

共働きが維持できなくなる結果、収入が激減する家庭を、補填する義務がある。だけど、多くの日本企業は補償をしません。

どこかの国は忘れたけど、本国から派遣されてくる外資の駐在員は、。。日本企業から送られてくる駐在員よりも待遇は良いと聞いたことがあります。だって駐在してくる人の家庭の共働きを、邪魔している。共働きができなくなっている状態を、会社が作っているわけですから損害を補償しないといけません。というか、そういう契約になっているという書き込みを見たことがありますね。

日本企業のような補償、補填も無しに転勤を命じたら外国人は辞めてしまうのでないのかな?下手をすれば転勤=解雇通知のようなものでしょう。転勤後、本人のモチベーションを維持できるの?という問題がある。

 

頑張るのは経営者

私は普通の人なので、一番大事なのは自分なんだよ。次はお金、その次は仕事を嫌々して言うくらいなんですよ。経営者とか自営業者とかリターンが全て自分に入ってくる。上場すれば創業者利益がたんまり入る奴は頑張るべきだけどね、それを私のような平社員に押し付けるんじゃねよ。迷惑なんだよ。

私が労働なんて囚人にやらせるべきものだと思ってますね。転勤なんてデメリットの塊を飲めというならメリットを示せ、誠意を表すなら金を出せ。終身雇用がある時代なら聞いてやってもいいが、終身雇用でも無いのに、会社のワガママなんて聞いていられるか?

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 社畜 ,