スポンサーリンク

社長「賃金を上げずに社員を定着させたい!」

じゃぁ!

「社員旅行で絆を深めたろ!」

余計な事をするな!

こういうことがあると、いつも「余計な事をするな」思っているリェータです。どっかのウェブサイトで社員が定着しないと悩んでいる社長の記事を読んだが、社員旅行を絆を深めるとかやめてほしいんですけど・・・理由を書いて聞く

 

スポンサーリンク

準備は総務がやる

 

この社員旅行を企画し考えて、宿の手配等は総務の方が行うことが多いです。総務の人の立場から考えると、日常業務に直接やることが追加されるだけです。会社にもよりますが、ただでさえ忙しいのに負担が増える訳です。負荷はそのままだけでお給料は増えない。積極的にやる総務の人はいないでしょうね。それに付随して、課長が課のメンバーたちに聞いて回りスケジュールを聞いて回る調整やら、余計な事をしないといけません。

 

休日まで同僚の顔を見たくない

 

同じ平社員なら、まだマシだが、直属の上司の顔を土日祝日まで見たい人間なんていないだろう。ただでさえ、1日8時間以上、会社という刑務所に収監されて、塀の中で労働をしないといけないのだから、嫌になるのは当たり前だろう。せっかくの貴重な休日が上司の顔を伺うだけでつぶれてしまう事に腹が立つ人や、休日に休めず。疲れが溜まってしまう人が続出するのが目に見えている。

 

この貴重な休日に投資先を探したり、こんなブログの記事を書いて、労働嫌いな同志にエンターテイメントを提供する時間が無くなってしまうのは許せないでしょう。土日に記事をたくさん書いて、有害ブログをもっと成長させて労働嫌いを増やしたいですよwwwそうすれば社員旅行はなくなりますよ。

 

新人が駆り出される

 

飲み屋の手配や雑用は総務の人以外にも新人が駆り出されるのが容易に想像ができる。こういう事は新人がやらされることが多いでしょう。業務で忙しいのに、余計な仕事を増やされる新人の不満が溜まります。こういうのって立場が弱い人に負担が来るんですよね。飲み会をやっても新人は特に上司に気を使ってお酒を飲めないでしょうね。

 

そして飲み会をやっても、2次会の店探しをさせられたりするのが明らかです。私?私は逃走しますよ。人ごみに紛れて、はぐれメタルのように消えます。

 

アドバイス

 

全く見当違いな事をしている経営者に言いたいが、社員の定着率を上げるには、毎日定時退社、残業代は固定残業代とかいう小細工をしないで全額払う、休日出勤はさせない、会社のお金を私物化しないなど、永遠の平社員である私がこれだけ思いついた。参考にしてください。こんな零細ブログを訪れる平社員である人も同じことを思ってますよ。

コメント

  1. いつも思うのですが、
    そういうことを考える経営者は余程暇なんでしょう。
    経営者の仕事は、できるだけ利益が出る事業を考えることでしょうから
    人が定着するかは副次的な問題に過ぎないと思うのですが。

    • シェンムーさん

      >そういうことを考える経営者は余程暇なんでしょう。

      忙しい経営者はそんなことを考えている暇はないはずです。

      >できるだけ利益が出る事業を考えることでしょうから
      >人が定着するかは副次的な問題に過ぎないと思うのですが。

      そういうことを理解していない経営者もいますよ。

  2. 家に居場所がないようなおっさんしか喜ばなさそうですね。
    管理職連中は負担を下に押し付けてワイワイ、
    経営者的には経費で楽しめるってとこでしょうか。

    地獄に落ちてほしいですね。

    • いかさん

      >家に居場所がないようなおっさんしか喜ばなさそうですね。

      ですね。家族にも聞いてもらえない愚痴を聞かされるこちらの身にもなってほしいものです。
      上司に気を使って、あまり飲めないですし。。

  3. 家に居場所がない既婚男性って
    そもそもどうやって結婚できたんでしょうね。

    • シェンムーさん

      >家に居場所がない既婚男性って
      >そもそもどうやって結婚できたんでしょうね。
      謎ですよね。仕事ばかりしていて趣味が無い、つまらない人になってしまったのか?

      生活残業を繰り返して、家族との時間が少なくなって、家に帰りづらくなってしまったのか。
      色々と原因はありますね

  4. 社員旅行を嬉しがってる若い女どもがいるのも事実で、何が楽しいのかさっぱりわからないです。

    • えむさん

      若い女の人は、社員旅行が楽しんですかね?私なんて上司に気を遣うのが嫌なので、旅行どころか飲み会すらNGです。彼女らはどこかに行ければそれでいいのか?

  5. 楽しめる人なら参加したいのでしょう。

    私は今までの経験から
    『職場の人間関係はどこまで行っても無礼講はない』と思っています。
    仲良くなったとしても、職場の人間関係である以上無礼講は無いという意味です。

タイトルとURLをコピーしました