スポンサーリンク

現役経理が語る生命保険をお勧めしない理由

こんにちは。
リェータです。

カフェで記事を書くことが非常に多いが、カフェというのは生命保険の営業のお姉さんがよくいる。彼女の話が聞きたくないのだが、近くで客と話すものだから嫌でも聞こえてくる。


思ったことを書いていく。

傷病手当金や高額療養費制度は以前の記事も書いたが、今回はお金の面で書いていく。

スポンサーリンク

生命保険料控除の金額

引用元: https://www.orixlife.co.jp/customer/subtraction/limit.html
オリックス生命保険

所得税と住民税は確かに安くなる

上記に書かれているように、払った金額のうち一定額を所得控除として扱い、その分、所得税と住民税を安くしてあげるという節税方法として取り上げられる。


所得税は適用される所得税により異なるが、
最大限の所得控除を受けるなら、
所得税は、最小税率なら年間6,000円
最大税率なら54,000円

住民税は年間7,000円安くなる、確かに安くなる間違ってない。

多額のお金を失う

上記の生命保険料控除の恩恵を受けようと思ったら、年間で36万円の保険料を支払わないといけない。36万円のお金を支払って、所得税(6,000~54,000円)と住民税が(7,000円)が合計13,000~61,000円安くなる。


これって本末転倒だよ。生命保険料を払ってなかったら、30万円くらいの現金が手元に置いておくことができるのに、そのお金で株を購入した方がいいよ。なんか、中小企業でありがちな、税金払うのが嫌だから経費を計上しまくる駄目な節税方法と同じ。

社会保険がある

別に民間の生命保険に加入しなくても、働けなくなったら傷病手当金が健康保険組合から支給されたり、解雇されても私のようなオッサンでも半年くらいは失業手当が貰えるので用心しすぎないでください。


既婚者でも夫が無くなっても、遺族年金が支給されます。将来の不安に付け込んだ商売人どもが跋扈している。安心・見栄は散財のもとですよね。

節約に励んだ方が良いよ

そんなことするより、無駄な金を使ってジャンクフードを食べまくったりして不摂生な生活をしない、適度な運動をして健康保険を、そもそも利用しないことを注力した方がいい。


あとは、見栄を張り家賃が高い部屋や、高めのマイホームをローンで購入して、経済的な逃げ道を塞ぐようなことをしないことが大事です。


だいたい、生命保険に加入して数年が経ち、病気を患って保険会社からお金を受け取ったとして、その金額は今まで払った保険料より多いのですか?

通常は少ないんじゃないですか?被保険者が保険料で儲かるなら、保険会社が潰れてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました