アクセスランキング 東京に住む20代の年収240万円!? - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

東京に住む20代の年収240万円!?

      2017/07/08

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。  1回くらいクリックしてくれてもいいんじゃんないの? にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

マイナビ―ニュースというウェブサイトの記事で、東京で生活する年収が240万円という記事をみた。月収20万である。

総支給で月20万円だと、社会保険を惹かれて手元に残るのは17万円くらいである。それで生活ができるのかという問題があるが、私に「この収入で生活できるのか」と聞かれれば、できると答えます。

以前、別の記事で私の生活費を公表したことがあるのですが、私の生活費は月に9万円です。なので、手取り17万円でも月9万円の生活費を差し引いても8万円が手元に残る。

ただ、地方から出てきて生活をしている人で実家に戻ったりしたり、親に仕送りをしている人だと、さらに出費があるので、貯金するのはさらにきついと思います。あとは、家賃が月に7万以上あったり、病気で急な出費があったりすると、手取り17万円では生活に支障がでる恐れがあります。住民税は考慮していませんので、それも含めると、手取りは16万円くらいになります。

残業代がきっちりでるか。賞与がある職場なら、生活できますが、出ない職場だときついですね。私が勤めていた零細会計事務所は残業代と賞与がでなかったので、このくらいの給与レベルでしたので、実感がなかったんですけど、生活できるかどうかの瀬戸際だったんですね。確かに給料が安くて、食費も切り詰めると野菜が少なくなって炭水化物中心の生活になります。

月収20万円だと、下手したらアルバイトした方が良いレベルです。よく言われることなのですが、高給で激務か、薄給で楽な仕事、どっちがいいとネットで議論されますが、薄給で楽な仕事はありません。薄給でしか人を雇えない企業なので、安い給料で人を扱き使ってきます。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 生活 ,