アクセスランキング 朝はギリギリまで寝たい - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

朝はギリギリまで寝たい

      2017/05/04

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。  1回くらいクリックしてくれてもいいんじゃんないの? にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

書いたとおりである。仕事に行く前の朝ほど憂鬱なものはない。

仕事があると早起きできない

なんで起きられないんだろうと思っています。
前の日に、早く寝て、早く目が覚めても布団から出たくならないのだ。
布団から出ても、朝食を食べて、仕事着になって、出かけるまでも欝が続く。

このギリギリの癖は、働きたくないという
私の体の防御活動が来ているのではないかと思っている。
職場への拒否反応が、私の行動にブレーキをかけている。

理由は、心底働きたくないから

自由がなくなるから、仕事に拘束されるのがストレスなんでしょうね。
この生活を年金貰うまで続くのかと考えると嫌になります。

こんな生活なので、タワーマンションとか、
高層ビルで働くことに全く憧れがありません。

なんでかって、このような高い建物って移動に時間がかかるでしょう。
その移動の時間も寝る時間に充てたり、
リラックスする時間にしたいからです。心の底から怠け者なんでしょうね。

遊ぶための早起きならOK

逆に、友達と遊びに行くとか、出かけるとかになると話は別で、
早起きは全く苦になりません。朝早く起きて、
朝食まで作るほど精神的に余裕があり、

出かける時刻の1時間前まで準備が
終わるとか平気であります。不思議ですよね。
うつ病の人も、目の前に楽しみがあるとうつが治るんじゃないですかね。

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - サラリーマン