アクセスランキング 専業主婦の年収1200万円だってwwwww - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

専業主婦の年収1200万円だってwwwww

   


おせち厳選情報をみんなのお祝いグルメ

マグロを全国にお届け!まぐろお取り寄せ通販専門店【マグロの吉井】

口さみしいとき、ゴディバのチョコレート



ちょっと何を言ってるか分かんない。

サンドウィッチマンの冨澤さんのセリフが聞こえてきそうだ。

労働者の皆様。

こんにちは。毎日、労働お疲れ様です。私のように労働で体がボロボロになりながらも働く人のために、今日もネタを提供する。

専業主婦は年収1200万円の価値があるという記事を見て、感じたことを書いていく。炎上する?かな???

そもそも、専業主婦は無職です。職業ではないでしょう。

 

専業主婦は例外

専業主婦というものが、世に出てきたのは40年前であり、日本が建国されて以来、存在していたものではありません。私たちのご先祖様の大多数は農民ですので、夫はもちろん、妻も畑に出て農作業をしながら、家事もする兼業主婦が当然の時代でで、男性が女性を養って当たり前なんて考えあり得ません。女性も貴重な働き手だったのです。

女性も貴重な働き手なので、夫婦は助け合って生活をしていて。夫が妻を養ったのではなくて、夫、妻が仕事を分担して、お互いに協力して生計を営んできたのです。

 

専業主婦できるならいいじゃない?

専業主婦がNGと言っているのではありません。夫に大きな経済力があって、夫が妻が専業主婦になることに納得しているのであれば、私のような外野がゴチャゴチャ言う事でありません。家庭に十分な収入があり、夫が納得しているなら、他人が文句を言うことでもありません。ただし、一家を支えられるほどの収入を得られる若い日本人男性はほとんど存在せず、時代の変化で専業主婦が受け入れる余裕は無くなったということです。。

以前の記事で書きましたが、人は一度上げた生活水準を落とすことはできません。この専業主婦も贅沢の一種で、高度成長によって豊かになり、人々の意識が変わり、贅沢に慣れたのです。そして高度成長が終わり、専業主婦と言う贅沢ができなくなっても、以前の生活水準に落とすことができない。

女性が自分の母親を見て経験した「専業主婦」という働かなくていい特権を自分にもできると考えるのですね。もう一度言いますが、働かなくていい状態というのは究極の贅沢なのです。生活のレベルを一度上げると、自分の手では落とせないです。

こういうことを書くと、どこかの馬鹿が狂ったように育児の問題を提起する奴がいるのですが、別の機会に育児については書きますよ。

 

専業主婦なんて諦めろ

働かなくていい専業主婦なんて資本主義の特権階級です。そんな待遇を続けられるわけないでしょう。そもそも。自分の経済レベル・生活レベルを男性に依存するような方になりますけど、その状態に危機感を抱かないのですか?弁護士、医者でも勤労収入に依存している時点で、この問題から逃れることは、できません。

目を開けながら寝言をいっているのか?外で働いて年収1200万円を稼いでから、ほざいてほしいものですwwwこれニートが自宅警備をやって年収1200万円の価値があると言っているのと何が違うのですか?いい歳した女の人が、こんなことを言っているのですかww男性で同じ発言をしようものなら「クズ」認定を受けますよ。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 男女ネタ