スポンサーリンク

外国人労働者は日本人のように甘くない

労働者の皆様

毎日やりたくもない労働させられてお疲れ様です。他人を儲けさせる労働は1秒でもやりたくないリェータです。最近、政治ブログを眺めていると自民党が、海外から労働者を受け入れるような話を聞いた。そんなことをしなくても、現在でもコンビニ等、接客業を中心に外国人労働者は多い。その手のが外国人労働者の話題を見ると、日本人経営者は日本人労働者と同じように彼らを扱う事はできるますか?と思った。

 

スポンサーリンク

失うものが無い無敵の人

無賃労働、長時間労働を労働者に強制してくる経営者は、外国人労働者に痛い目に遭えばいいと思う。この手の外国人労働者は母国のブローカーにお金を渡してきています。要はお金がありません。あるなら、そもそも日本に働きに来ない。要は、資産が無い。お金がない失うものが何も無い、日本の刑務所に入ることで良い生活ができるような人は、犯罪を犯すことを躊躇しないだろうし、止める手段がありません。経営者が彼らから賠償金を取ろうにもお金が無いから取れないでしょう。経団連のお偉いさんは、こういうことを考えないのですかね?ちょっとしたお金を得るために、この手のお金が無い、失うものが無い無敵の人を国内に招き入れるわけです。

外国人労働者は、基本は日本で義務教育は受けていないわけです。ようは、日本人のように年上の人に、忠実、大人しく従っているような人たちではありません。問題が起これば行動する素晴らしい方です。日本人経営者に彼らをうまく扱うようなことできるはずないです。ちなみに、この手の人と関わることがあったら、私は非常に言葉に気をつけます。無敵の人は一番怖い、ヤクザの比ではありません。

でも、特に中小企業の経営者は、無敵の人を品定めして上から目線で、日本人労働者を扱うように彼らを扱うでしょうね。中国やフィリピンだったかと思いますが、従業員を衆目で叱責した人が、闇討ちされたような話を聞きます。こういう話を聞くと、文化的背景が違う人を、よく労働者として、薄給で招き入れようと考えますね。

日本の労働慣習、やりがい、自己実現など綺麗事にまみれた異常な労働環境がさらに広まるきっかけになるでしょうね。日本は遊びに来るところであって、働きにくるところではありません。

コメント

  1. そもそも、
    私のこれまでの人生も日本人の大半も
    労働に関する違法行為に泣き寝入りし過ぎただけだと思っています。
    賃金不払いという手段に出てきたなら、
    経営者や人事を怒鳴ったり殴ったり、裁判で訴えたりしないのが問題だったわけです。

    • シェンムーさん

      良い傾向ですよね。怒鳴ったり殴られたりするかも経営者が思えば。真面目に給料は払うようになると思います。日本の学校教育でひたすら教師と言う上司に従うように教育を施されるのが原因だと勝手に思ってます。

タイトルとURLをコピーしました