スポンサーリンク

労働者を養成するだけの義務教育は時間泥棒なのか?

労働者の皆様


こんにちは。リェータです。私は日本で生まれて育ったので、日本の学校は小学校、中学校と9年間学校に通いました。


高校も進学をしたので、12年間、学校に通っていた。まぁ、日本人の大部分がそうでしょう。私は、つくづく社会の縮図である学校生活には嫌気がさしていた。

毎日、起きたくもない時間に親に起こされて、朝ご飯をゆっくり食べることもできない、決まった通学路を通り、学校に行く、そして授業を受けて、昼休みで昼食を取り、午後の授業を受けて帰ってくる。


どこのサラリーマンだよwwwwと突っ込みを入れたくなる。宿題が出されれば持ち帰りで勉強をしないいけない、残業みたいなものでしょう。

スポンサーリンク

学校教育への疑問

私なんかは常々思っていたことが、小学校、中学校、高校へ合計12年間も通う必要があるのか?ということです。


世の中の馬鹿な人は、こういうことに疑問を持つことはないです。子供たちの10歳前後の貴重な時間を学校に費やす意味は何だろう?と中学校の時には考えていました。


日本語の読み書き、計算とか基礎的なことを習得するために、なぜ、長期間学校に通う必要があるのか?と自問自答していました。


学校に通い義務教育で受けることに、子供たち、その親たちが価値がある、と判断して学ばせているなら理解できます。


ただ、そうではないなら、子供たちを、これほどの時間を学校に拘束されるのははっきり言って異常。。。


学校に行くのが楽しい人にはいいでしょうが、万人受けをすると思えないんですよね。学校へ行くのが楽しくないには、学校は地獄でしょう。学校に子供の貴重な時間を費やす必要があるのか?

学習内容が無駄、意味がない

はじめに断っておくが、義務教育で学ぶことのすべてが無駄とは言わないが、大部分は無駄でしょう。それも、子供たちを学校に通わせて、子供たちの貴重な時間を奪ってまでやることではありません。


学習内容は、意味がないの雑学程度の学習、その習得度を調べるためのテスト、それを色々な科目で繰り返し、無意味な暗記力があるひとを選別していき、テストで好成績を取れたものは、世間一般的な評価でいい大学と呼ばれる大学に通い、卒業する。


そのあとは、サラリーマンとして大企業の歯車として働くわけです。そこで気に入らない上司にご機嫌を取り、残業、休日出勤をこなす、そのために、子供の貴重時間をつぶしてまで勉強に身を捧げる。私は嫌ですね・・・・、なんで頑張って、他人を儲けさせるために勉強を頑張らないといけないのですか?


東大、京大に入れるくらいの学力と暗記力という学習能力があるのだから、それをアフィリエイトで頑張れば、サラリーマンなんて言う身分にならず、年収1000万円くらい稼げるような気がする。


サラリーマンと違い、仕事を選べる裁量がある個人事業主になれば、ストレスからも解放され、人生が豊かになりませんか?

学校教育は利権の塊

まず、学校を廃止するようなことになったら起きることを想像してみると、制服業者が困り。教科書を扱う本屋・出版社が困り、教師の仕事が無くなる。文部科学省もいらないでしょう。


塾業界も困るかもしれないですね。こうして考えてみると、お金が無くて、こういうものにしがみ付かないと生活ができない貧乏人を食わせるために、子供の人生をつぶしているのですね。世の中の大人は悪い奴ばかりですね。

コメント

  1. 学校の理不尽な校則も、社畜養成の為としか思えません…。
    頭髪検査で、髪が耳にかかってたらアウトとか笑
    スカート丈の長さが〜とか笑
    やっててバカバカしいと思えないのでしょうか。

    • 名無し君さん

      非生産的な事に拘る悪い癖は
      義務教育から始まっていますね。

      頭髪は著しく不潔とかならアウトだと思いますが、
      染めたりするくらいいいでしょう。

      リェータ

タイトルとURLをコピーしました