アクセスランキング 中小企業の経理は何でも屋 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

中小企業の経理は何でも屋

   



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



労働者の皆様

こんにちは。アメリカに連れていかれた黒人奴隷より辛い労働をしている日本人労働者の皆様お疲れ様です。絶賛労働嫌い、心の中でストライキ中のリェータです。会社辞めたい。

 

私は中小企業で、何でも屋兼経理をしている。。。経理・財務に専念をしているわけではなく、総務や人事もやっているのだ。このブログを訪れた人で、私と同じ事をやっている人はいるのかな?転職したくならないのか?

 

このブログを書いている現在、私は転職活動をしている。もちろん、現職に不満があるから転職活動をしているわけだ。転職したい理由をまとめると以下の通りになる。

 

・総務や人事はやりたくない
・経理・財務に専念したい
・経理・財務でも色々な領域を経験したい
・吹けば吹っ飛ぶような会社に収入を依存したくない
・少しでも長くサラリーマンをやりたい
・給料をもっと上げたい。

転職理由を纏めると上記のなる。仕事を辞めたい、人間やめてネコになりたいと常々言っている私にはあるまじき醜態です。収入を上げたいのはサラリーマンをしている期間を1日でも短くしたいから高めの給料がでる会社に転職をしたいのです。1000万円を貯めるなら、貯金が20万円できる会社なら50か月かかるが、25万円を貯金できるなら40か月で済むのです。

 

収入を上げたいというより、働かないといけない期間を短縮したいから転職活動をしてます。もちろん、面接時には、サラリーマンなんて1秒でもやりたくないから、「収入の伸びしろがあるところに就職したい」なんて言ってはいない。日本の会社の面接は、いかに自分を押し殺すかがポイントで重苦しいですね。

 

転職したい理由を列挙したが、中小企業の経理のメリットは、経理とし必要な基本的な事が、一通り経験ができます。3年くらいの実務経験を積めば転職ができる要件を満たします。小さな会社の経理なら、自分で帳簿を付けて月次試算表を作成しているはずです。そこから四半期、中間、本決算と試算表を作っていて、その会社の営業利益、経常利益、税引き前利益が把握できます。大きな会社の経理部のように、債権債務担当、固定資産担当、財務担当・・・・というように分担されてないです。

 

税務申告書を覗ける権限があるなら、過去5年、10年の申告書もチェックできます。売上が伸びているか?減っているかが把握できます。その際、売上の伸びしろがなくて、営業利益が伸びてないなら、経理担当者の給料も頭打ちになることが決定してます。

 

もう一方、中小企業の何でも屋兼経理のデメリットは、経理・税務以外の事をやらないといけないのがストレスですね。航空券探し、上司の接待の店探し、部屋の電球交換やら、ビルの屋根の修理、蛇口の水漏れの見積もり、蛍光灯が故障した見積もりなど、経理・財務の経験に全くプラスにならない業務や、PCを購入してきてOSインストールをして初期設定をおこなたり・・・・そのせいで経理の進捗が遅れるとかね。。。

 

転職活動をしていて確認したことだが、経理の給料は能力で決まるわけではなく、所属している会社で決まりますね。高い会社ほど、儲かっていて、課題にぶち当たってもお金を払えば社外の専門家に意見や助けを求めることができます。

 

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 求人