スポンサーリンク

中国人の方へ 日本で働くことはお勧めしない

労働者の皆様


こんにちは。労働嫌い代表のリェータです。以前、youtubeで日本企業で働きたいと言う中国人を見た。中国の大学で日本語を勉強して、日本語を流暢に話す人です。


日本企業で働いた方が、中国の現地企業よりも給料が高いというのが主な理由のようです。中国人が嫌い云々ではなく、純粋に日本企業での勤務はお勧めしません。

スポンサーリンク

オヤジ文化

うまく説明できませんので、あえて「オヤジ文化」といいます。どういうことなのかと言うと、年上のオジサンが言ったことが絶対です。若手は反対は、まずできなくて、上司が間違ったことしても止めることが困難。そして日本の管理職は失敗、失策を下の人間に負わせてきます。


例えば、私がIT業界にきたとき、上の人間の見積もりが甘くてプロジェクトが炎上しているとき、明らかに仕事量が多い、納期が明らかに間に合わない、それを上に報告をしているのにも関わらず、納期を延長したり、プロジェクトのスケジュールを再調整をしません。


上の人間の見積もりの杜撰さを、現場の人間を長時間働かせて納期に間に合わせるようなことをしてきます。そして現場の人間が疲弊していき離職者が続発するプロジェクトが出来上がります。


それ以外にも、世界的にも非常に珍しい年功序列の賃金形態です。、外資系企業のように、何をしたら年収800万円が貰えるのかはっきりしませんこれだと、頑張ろうにも困ってしまいます。


外国人の求職者と面接を行い「勤続8年で、課長になったら800万円貰えます。」とか言うんでしょうか?8年後の口約束を信じて働ける人なんているんでしょうかw? 下手をすると面接にきた中国人に限らず外国の方は噴飯物の日本の給料体系に嫌気がさすのは当たり前かもしれません。

長期休暇が取れない

長くても土日+平日5日+土日の9日間が限度です。2週間の休みは取れないので、遠出の海外旅行を満喫できません。しかも、日本の会社だけなのか分からないですが、自分が休みで欠けた後のフォローは管理職でなく、自分でしないといけません。


この手の日本の労働環境を書く度に思う事は、日本の職場は、「遊び」がありません。この遊びというのは「余裕」ということです。例えば、車のハンドルは、少しハンドルをずらしただけでは横に曲がりません。少し触れたり、クシャミの拍子にハンドルを少しずらしただけで、車の進行方向が変わってしまったら事故が起きます。


この手の「事故」を防ぐために、ハンドルの動作に影響しない部分「遊び」と言われる部分があります。


日本の会社は自分がいなくなった時の事を考えてない、「遊び」と言われる「余裕」がありません。ギリギリの人数で仕事を回そうとするので、こういった事態が生じます。

タダ働き強制

労働契約書では9時から勤務開始なのに、8時半から「仕事の準備をしろ」とか言ってきます。「仕事の準備も仕事」と声を大にして言っている人がこういうことを言い、そのくせ仕事の準備時間は労働時間に入らず、賃金がでないフザケタ昭和の会社があります。


始業時間前の掃除をやらせるところもありますね。理由は清掃業者に頼むとお金がかかるという最もらしい理由をつけていますが、私に言わせれば「外部に頼んだらお金がかかるものを、従業員にタダでやらせようとする魂胆だろう?」と思います。


私は労働契約が9時からなら、9時ちょっと前から働ければ良いと思っています。残業手当もないとか、人をなめきった会社もあります。欧米なら裁判、東南アジアで現地の人にタダ働きを強制したら、中間管理職、経営者は闇討ちでしょう。

職務内容不明確

会社の経理・総務で雇った人に、社長秘書の仕事をさせるとか、プログラマーとして雇ったのに、オフィスの掃除もさせるとか、メインの仕事とそれ以外の仕事も振ってきて、本来の仕事に専念できない日本企業が多いです。人を雇ったら何でもやらせるフザケタ奴が多いですね。


ある程度会社の希望が大きい会社だと、総合職として人を採用するが、入社時の一時的な職種を入社時に決めておき勤務開始を初めて何年か経つとジョブローテションを行います。


これだと社内官僚・社内のプロを養成することになるので、その会社から退職をすると転職活動に苦労します。ジョブローテションを複数職種をやってきた経理より、経理一筋何十年の人の方が転職市場では有利です。「違う!」というなら、じぶんの職務経歴書をマイナビなりリクナビNEXTなりに登録して反応を見ればいいのです。オファーが来なければ、あなたの職務経歴に価値を感じている企業は少ないです。現実をすることになりますよ。



ところで、日本人に言葉の問題が無かったら、日本企業に働きたい人はどのくらい存在するのか?長期休暇取れない、残業が慢性的、残業代込みの給料体系、ジョブローテンションという名の器用貧乏育成プログラム、平社員の転勤強制、私は言葉の問題が無かったら日本企業なんかに働きたくないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました