スポンサーリンク

マイホームをローンで購入して、夫を経済的に縛り付ける気か?

労働者の皆様

こんにちは。労働が日ごろから辛いと思っているリェータです。学生の頃に戻りたいと時々考えていおります。このブログの常連さんならわかっているが、ブログの記事はカフェで書いている。そうすると、聞きたくなくても話が聞こえてくるのです。今回は住宅をローンで購入する話が聞こえてきた。なんで、こんな話ばかりが聞こえくるのだろうかね。。。

 

スポンサーリンク

マイホームが欲しい妻

自分の実家の近くにマイホームを建てたいとママ友と話している声が聞こえてくる。その話が嫌でも耳に入ってくる。ぱっと見た感じ、30代半ばのお母さんと他、同世代であろう女性2人が話している。1人の女性がマイホームを持ちたいと話をしている。ただ、前述したが、マイホームは妻の実家近くに建てたいと話していて、夫の会社への通勤時間が30分ほど、増えてしまう話をしている。

 

一括で住宅を購入する話は聞こえてないので、銀行からお金を借りいれて、ローンを組んで住宅を購入するのでしょう。

 

こういう話を聞いて毎回、思うんですけど、なんで身分不相応のマイホームを購入しようと考えているのでしょうか。お金が無いのに、なぜ家を購入するの?

 

要は、この夫婦はお金を貯める習慣と言うものが、あまり無いわけなんですよ。(あるなら頭金の話が出てくるはず・・)

 

 

どうやってローンを返済していくのですか?高額なローンを組むのであれば、夫と妻が働いてダブルインカムとなるような収入体制を構築するのが当然です。でないと夫が倒れたらローン返済が滞り、住宅を売却して手放す必要があります。売却代金でローンを完済できなければ借金を負います。

 

妻が住宅を欲しい理由は、大きくなっていく子供の為とか、子供たちの世話が大変と言っているのが聞こえる。なんか子供を免罪符、ダシにして自分の欲望を叶えようとしている意図を見え隠れする。

 

これは私の主観ですけど、住宅ローンを組むのであれば、子供たちは親たちに面倒見てもらう必要がありますよ。だって身の丈に合わない住宅ローンを返済するには、夫の一つの収入源は不十分なので。夫婦でお金を稼ぐ必要があります。この記事は昼休みに書いている。平日の昼間からママ友と思わしき人と話しているので。おそらくフルタイムでは働いてないでしょう。

 

 

夫をローンに縛り付ける気か?

話を聞いていると、ショボイ節約をして支出を抑える話が聞こえてくる。スーパーを梯子したくらいでは、わずかな節約にしかならないです。

 

そんなことより収入を増やすために、妻であるあなたが働いて収入を増やした方がいいですよ。それと引っ越しして家賃を下げる必要があります。

 

固定費を下げることで、お金がかからない生活スタイルが身に付きます。そして、マイホームの頭金を用意、捻出する良い方法だと思います。

 

でも、聞こえてくる話を聞いていると、妻はフルタイムで働くつもりは無いらしい、聞いていて頭が痛くなってきた。

 

夫のことを本当に思うなら妻であるあなたが働いて、家庭の収入源を複数にするべきでしょう。夫の会社への依存度を下げるために、妻も働くべきです。世の中のお父さんは、そんなことを言わなくてもやっているんじゃないですか?妻をフルタイムで働かせて、夫は家事とパートしかしないなんて、女性側から猛反発がきまよね?さらに妻名義で住宅ローンを組ませていたら、非難轟々でしょうね。

 

というか、妻であるあなたは働いたことがないんですか?一つの収入源だと危険だという事がなぜ分からない。それを防ぐためになぜ、あなたが働いて収入源を増やすという発想にならないのか?子育ては母しないと子供に悪影響?だったら、発展途上国のように、夫婦で働きつづめの子供たちは、みんなグレているのか?

 

この妻の旦那さんへ、マイホームなんてものは購入するのはやめましょう。働かない妻を抱えて住宅ローンなんて組んだら、あなたはムカツク、嫌がらせをしてくる会社を辞めることができず。ストレスが溜まります。そんなことをしていたら、あなたの人生はローン返済だけで人生が終わりますよ。妻があなたを本当に大事に思っているなら、夫に莫大な経済的な負担をかけようなんて思わないでしょう?

 

性別を逆にして考えると、妻に多大な経済的な負担をかける夫なんて、ほとんどいないでしょう?そんな男性はそもそも「ヒモ」と糾弾されて結婚できませんけどね。

コメント

  1. なんというか、
    女性でも2通りに分かれますよね。
    妻も働いて当然。
    妻は働きたくない(パートだけも含む)。

    大黒柱という単語がありますけど、
    柱と夫は別物ですし、夫は生き物ですから倒れる可能性もあるのにねえ。
    そもそも、今浮かんだのですが、
    柱って人柱という表現もあるように、犠牲になるという意味合いが強いと思いますから
    大黒柱という単語を使う人は、夫を犠牲にしていることになりますね、意識していないでしょうけど。
    結局、人生は地獄であり、
    そんな妻を選んだ夫も悪いということしか言えませんね。
    結婚は賭けとか表現することがあると思いますが、実際は賭けではなく
    生まれてから結婚するまでに観察眼を磨くことで適切な判断ができると思います。
    ただ、外れを引くことが多いとも。

    ちなみに、私の職場は
    雇用形態はパートなんだけどフルタイムで働いている人が結構います。
    社員よりはやることと責任が少ないだけでフルタイムです。
    薄利多売の事業なので、社員も給料少ないですけどね。

    • シェンムーさん

      私一個人のいけんですが、女性も働いて家計に貢献するのは当然だと思います。
      それも男性と同じように大黒柱として働くのが当たり前です。自分は簡単なパートで面倒見てもらおうなんてムシが良過ぎです。
      結婚は賭けといいますけど、離婚を手軽にできるようになり、財産分与はなし、親権は共同親権、赤ちゃんのDNA鑑定義務化をすれば
      結婚を選択する男性も増えると思います。
      現状、女性に有利な制度の為、結婚を躊躇するのは当然です。

      フルタイムのパートなんて企業の一方的に都合が良いですよね。何のためのパートタイムなんだ?と思います。

      • 大黒柱ではなく、
        夫婦で細い柱2本でやれば良いと思います。

        私の職場というより部署は、
        正社員は機械の整備や変更などをするので必要なんですが、
        必要なんだけど、正社員がする程でない他のことはさすがに正社員だと会社が赤字になってしまうので
        パートの人となるのでしょう。
        違う部署は正社員だけで賄えるのでパートはいないそうです。

        出荷先は有名な企業が多いですが、
        単価をわざわざ高くして買ってくれるわけではありませんから
        社員もパートも低い賃金となってしまうようです。

        • シェンムーさん

          >夫婦で細い柱2本でやれば良いと思います
          当然ですね。昔、日本人の大部分は百姓です。そうなると性別に関係なく、大事な労働力だったのです。
          パートって企業から見たら便利ですよね。わずかなお金しか払わなくていい。勤務時間が短いなら社会保障費もかかりません。

タイトルとURLをコピーしました