30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

どうして貯金ができるのですか?

      2021/04/18



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



現代奴隷の皆様


強制労働をお疲れ様です。働きたくない代表のリェータです。皆様は毎日、労働から逃げるために貯蓄という資産形成に励んていますでしょうか。


今回はご近所さんから「どうしたら貯金ができるのか?」と聞かれた。私としては意識して貯金をしているわけではない。それでも月の生活費は、家賃を含めても最大で10万円程度、少ないと8万円超くらいのものです。お金を使わないという生活リズムが完全に出来上がっている・・不思議なものだ。


お金を使わない理由を思い返すと次のことが頭に浮かんでくる・・・

お金がもったいない

使ったお金の分だけ株を購入したい、その株から得られる配当金・分配金という不労所得を得ることに快感を感じる


証券会社から送られてくる「分配金が入金されました」というメールを見ると初めは快感、慣れてくると、ただの入金確認作業、最終的にはメールすら見ないで、「なんか証券口座の残高が増えている。」と感じるくらいです。


確定申告の時期に、証券会社から年間取引報告書が送られてきて、それを見て年間配当金・分配金額を見るだけです。

お金を使わない趣味を確立している

私の趣味は、こうやってブログを書くことと、勉強が趣味です。ブログを書いているのは日々の自分の人生の軌跡を残しておくこと、僅少なブログ収入を得ることができれば・・・と考えている。


この記事を書いている時点でブログの運営歴は5年になるが、ノルマなし、好き放題書いているだけなのでストレスは無い、だから続けることができる。


勉強が趣味なのも貯金できる理由でしょう。勉強も「株の銘柄探索」「英語の勉強」「読書」とお金がかからない趣味です。海外旅行も20代の時は行っていたが、現職でまとまった休みが取れないので、30代になってからは旅行は出かけてない。


私の場合は旅行というより旅が好きなんですよね。観光地めぐりではなく、観光客がまず来ない町の探索とかですね。またやりたいな・・・

浪費=追加労働

お金を使えば使うほど労働をしないといけない。サラリーマンなら気に入らない上司へのご機嫌を伺い時間が増大することを意味します。10,000円を貯金したら、何時間労働しなくていいのか?ということを考えます。


100,000円なら1か月労働しなくていいと考えることもできます。お金=労働しなくいい権利なのです。


私のように人から指図されるのが烈火のごとく嫌う人間には、サラリーマンは苦痛です。だからサラリーマンをしなくていい時間を作るために貯金をするのです。お金を使う時に頭に浮かぶのが「ここで5000円使うと、2時間追加労働」という具合にです。


人生は短いのです。労働なんてしている時間は無駄なのです。

貯金をすると逃げられるよ

労働が辛すぎて逃げたいときに貯金があると、簡単に会社を辞めることができますよ。


だって会社を辞めたら待ち受けている住民税・国民年金保険料・国民年金保険料の支払いで四苦八苦する人がいるが、貯金がある人には無縁の話です。


お金を持った状態での転職活動も、クソ会社から内定貰っても断ることができるし、お金が無いことで足元を見られることがありません。心にゆとりを持って判断ができるのも大きいです。


不労所得があると強い

会社を辞めて無職になると実感するが、労働に依存しない収入があると強いです。無職になると無収入になるわけだが、この無職ができる期間は貯金残高と日々の生活費次第です。


10万円使ったら、口座残高は10万円減るが、株からもたらされる分配金・配当金があると、労働に依存しない収入が入金されて、貯金残高を増やしてくれます。要は、口座残高の減少にブレーキがかかり、精神的に安定するのです。


種銭が多いと、働いていないのに残高が増える現象が発生します。私は、この状態を体感したいから、お金を使わず、余ったお金で株を買うことに全力を注いでいるのです。

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - お金