アクセスランキング おそらく結婚しない理由 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

おそらく結婚しない理由

   

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。  1回くらいクリックしてくれてもいいんじゃんないの? にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

先週、会社の上司と話して「結婚しないのか?」と聞かれた、
この質問をされたとき「良い人がいれば」とその場では答えたのですが、
おそらく結婚しないと思います。

無職予備軍と結婚する人はいるのか?

こんなブログを書いている男性を好きになる女性がいるのか甚だ疑問です。
女性は「自分と子供の為に食料(お金)を運んでくる」男性を好むことが
本能でインプットされています。

人類の繁栄を考えれば当然のことです。将来、収入が激減すると分かっている男性を好む女性はいるのか?宝くじで1000万円を当てるようなものだと思います。

女性を養う男性はよくいますが、逆に男性を養う女性はいません。
これは断言できます。

だって、婚活イベントを眺めていると女性は男性を選ぶときに、
収入で男性を見定めます。
養う気があるなら男性の年収で見定めたりしませんよ。

将来の奥さんに申し訳ない

労働意欲がない私と付き合うことになった女性が可哀そうです。

女友達と飲みに行った時の話ですが、
女性が付き合う男性は他の女性から見て

「自慢できる、ステータスになる、羨ましがられる」

という要素を満たさないと付き合うこと
が難しいという内容を聞いたことがあります。

たしかに女性は見栄を気にする人が多いですよね。
だから化粧品やファッションがあるんだと思います。

その中で、無職の男性、無職予備軍の男性が「自慢できる、ステータスになる、羨ましがられる」を満たすか疑問です。


資本主義の勝者で働く必要がない男性

はステータスになりませんか?

重責は負えません

結婚したら、妻子の面倒を見ないといけません。特に子供は扶養義務があります。この体が子供が成人するまでの大学卒業までの22年間持つかどうかわかりません。

この体が壊れた時、
子供の進学費用を出してあげれられるかがネックです。
結婚はおそらくしないと思いますが、

子供がいたら必ず「税金、投資、お金の稼ぎ方」は必ず教えないといけない。

学校に行かなくても死にはしないが、
お金がないと死ぬ可能性があります。

これらを教えないとサラリーマンになってしまうからです。

売上の滓をもらって、他人(上司)に生活水準を
決められる身分になってしまいます。

自分の力でお金を稼ぐことができるようしたり、
最低限の生活ができるように、
不労所得を子供に残してあげることが
親が子供にしてあげる教育ことだとです。
(贅沢をさせることではありません)

定年まで働かないといけない

アーリーリタイアを目指すしているブログを書いている私ですから、
当然、定年を迎える前に退職を必ずします。
ということは勤労収入は必然的に少なくなります。

結婚するというのは妻子を持つということと同義だと思っています。

そうすると家庭を維持するお金がたくさん必要です。
妻子がいたら辞めるにやめられなくなります。
この逃げられない鎖を見た会社は足元を見てきます。

私の父はマイホームを買った後、
片道2時間半のところに移動させたりしてましたね。
ふざけた会社だと思っています。
これ人権侵害ではないのでしょうか。

そういうことをしている会社の事で父と話したことがあり、
「私と母がいなければ、とっくに会社を辞めていた」と
言っていたことがあります。

それほど、妻子を持つということは会社を
辞めにくくする鎖のようだと思います。

そういう光景を見てきたので、
勤務場所、時間、人間関係が自由に選べず
拘束されるサラリーマンは心底嫌なので、
たくさん働かないといけない状況は全力で回避します。

でも1つの会社で45年働き続けている父は本当にすごいですし、
心の底から尊敬します。絶対私にはできないです。

定年前に退職したいと言っている
男性に興味がある女性は世の中にいるのでしょうか。
近所のママ友との会話で夫の社会的ステータスが
重要だと聞いたことがあります。

無職の夫なんて、みっともないと思われるかもしれない
。確実に、妻には迷惑をかけてしまうと思います。

親には申し訳ないと思っている

親には孫の顔がみたいと言われましたが、
希望は叶えられそうにないです。

せめて、もう親の世話にならないように生活したり、
時々、実家に顔を見せるのが親孝行だと思っています。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 生活