アクセスランキング 【報酬減額】ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

【報酬減額】ウーバーイーツ(Uber Eats)の配達員

   



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



労働者の皆様

こんにちは。労働嫌いなリェータです。副業してやっている人がいるであろう、ウーバーイーツ配達員の報酬が減額されるというニュースが見つけた。ウーバーイーツのライバルになるような業者は国内には無い為、配達員は逃げることもできない。この配達員で生計を立てている人がいるとすれば大打撃です。

 

客と配達員を介在させているプラットフォームを持っていると最強です。この手の強者に労働者はやられてきているのです。そして、収入を必ず分散させるという事です。今回の措置はサラリーマンに例えたら、昇給ではなく減給されたような衝撃です。

 

外食宅配のウーバーイーツの配達員が組織する労働組合、ウーバーイーツユニオンは12月5日、米ウーバー・テクノロジーズの日本法人(東京・渋谷)を訪れ、団体交渉の実施と配達報酬引き下げの撤回を求める声明文を提出した

「運営側は報酬を一方的に改定した。今回のようなことがあれば、これを生業としている人は安定して働けない。よりよく働くためにも現場の声を聞いてほしいのに、ウーバーはずっと対応してくれない」。組合の執行委員長を務める前葉富雄氏は報道陣を前に憤りをあらわにした。

引用元:https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/120500940/

この手の人たちを見て思うのが、彼らにウーバーイーツ以外にも収入があるとしたら、組合活動なんてやってたんですかね?この組合員にサラリーマンで月給30万円貰っていて、片手間で配達員をやっているような人はいるのか? 勝手な想像で申し訳ないが、収入の割合をウーバーに依存していていて報酬を減額されて困るから組合員が活動しているんでしょう?

 

そろそろ確定申告の時期がやってくるが、所得にもよりますが、ウーバーイーツも確定申告は必須ですね。所得税の申告で青色申告の人は赤字だろうが必須です。ウーバーイーツの場合の確定申告を想像すると・・・

収入に当たるもの。

受取売上、距離売上、受渡売上が収入でしょうね。

経費に当たるもの

バイク本体、自転車本体代金で私用に利用していなければ経費にできますね。あとはガソリン代や修理代も経費ですね。事故起こし入院しお金を払っても経費にはできません。これは医療費控除ですね。ウーバーイーツに専念しているような人だと、収入から経費を引き、さらに基礎控除38万円を引いて0になるなら納税義務はありません。ただ、ウーバーイーツの経費が大きくて赤字を繰り越したいなら青色申告は必須ですね。

 

 

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 社畜