アクセスランキング 78億円やるから政府批判するな→黙ります。 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

78億円やるから政府批判するな→黙ります。

   

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

労働者の皆様

こんにちは。空からお金が降ってこないかなーーと結構期待しているリェータです。そんななか、少し前に、サウジアラビア人記者が殺害された件で、殺害された人の遺族が、政府から多額の補償を受けている記事です。要約すると「78億円払うから、政府批判をやめろ」とのことです。そんなに誠意を見せられたら黙らないわけがないだろう。。。という話です。

 

(CNN) 昨年10月にトルコのサウジ総領事館内で殺害されたサウジアラビア人記者、ジャマル・カショギ氏の遺族は、サウジ政府から多額の補償を受けていることが分かった。事情に詳しい関係者が2日、CNNに語った。

関係者の話によると、事件の裁判が終わった後、遺族にはさらに多額の慰謝料が支払われる可能性もある。遺族が受け取る総額は現金、不動産を合わせ、7000万ドル(約78億円)を超えるとみられる。

同関係者によれば、遺族はこれと引き換えに、カショギ氏殺害をめぐってサウジ王室を批判しないことが求められるという。

カショギ氏の4人の子どもにはそれぞれ1500万サウジリヤル(約4億5000万円)相当の住まいが与えられた。政府との窓口役を果たす長男のサラー氏には西部ジェッダの豪邸、次男アブドゥラ氏と娘2人にも別の敷地に邸宅が用意された。

ただし4人のうち、サウジ国内で暮らすのはサラー氏のみ。アブドゥラ氏ら3人は米国在住で、サウジに帰国する予定はないが、与えられた土地を売却して現金に換えることは認められないという。

4人はさらに一時金として各100万サウジリヤドと、月々1万~1.5万ドル(約110万~170万円)の給付金を無期限に受け取る。

こうした補償は全てサルマン国王の承認を得ているという。遺族への支払いについては、カショギ氏がコラムを書いていた米紙ワシントン・ポストが最初に報じた。

引用元:https://www.cnn.co.jp/world/35135181.html

 

人の命を何だと思っている

なんて言わない。78億円もお金が貰えるなら信条捨てて、黙りますよ。当たり前じゃないですか。どんなに綺麗事、偉そうな事を言いながらも、私は大金の前では無力ですね。だって、そんな大金が貰えてたらサラリーマンなんて秒速で辞めますよ。そして、そのお金のうち50億円を米国債等、利息が低いが安定度がある金融商品に投資をして配当金、利息を貰える生活スタイルに切り替えます。50億円の年利2%でも年間1億円の収入です。

資本主義では、完全なる勝者になることができる金額です。スポーツ選手でも、芸能人でも、これほどの資産を築くことなんてできないでしょう。このお金があれば、時間を遡る、若返るというような事は、さすがにできないですが、色々な事ができるようになりますね。

 

金は命より重い

カイジの利根川先生ではないですが、78億円と言う大金は命より重いと言えるかもしれませんね。殺害された記者の遺族が黙ったという話ですが、遺族の中で、 78億円 > 記者の命 という図式があり、結果を考えて、政府批判をしない方が圧倒的に得だからと判断したから遺族は黙ったんでしょうね。この78億円が500万、1000万円という端金だったら遺族は黙ってないでしょう。

 

誠意とは言葉ではなく金額

サウジアラビア政府は、遺族に誠意を見せるために78億円を払う事にしました。殺害された記者の方が残念ですが、この誠意をお金で払います。ところで、78億円なんて、札束でビンタどころか、札束で作った板で相手を叩けるレベルですね。

*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - お金 ,