スポンサーリンク

340万人もの未婚男性には相手がいない「男余り現象」の残酷

労働者の皆様


こんにちは。私を養ってくれる女性が現れることを非常に期待しているリェータです。そんな上手い話があるわけはなく、労働して資産形成をすることが運命づけられた。今回は男性余りの記事です。

日本の生涯未婚率(50歳時未婚率)について書いたが、未婚化の要因として、別に人口構造上の問題がある。それが、「男余り現象」である。残念ながら、日本には、現在どうがんばっても結婚できない男が340万人もいる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/arakawakazuhisa/20210814-00252946
スポンサーリンク

男性余り 340万人

人口動態を眺めると男性の方が女性より数が多い。歳を取ると女性の方が多くなるのだが、若い世代に限ると男性の数が女性を上回るのです。


そうなると女性と結婚できない男性が物理的に発生する。まぁしょうがないじゃないか。


余談だが、オキナワベニハゼは性転換をすることができる。

人任せ

私は、なんだ男性が余っているのか、ほかの男性に頑張って家庭を築いてもらい次の世代の労働者を頑張って育ててほしい。私がリタイアした後の日本で、頑張って私に配当金を運んでくる労働者として日本に貢献してくれればOKです。


私のように人といるのが苦痛に人間は、結婚に向いてないのです。自宅に帰ると人が待ち受けているなんて辛いよ。家に帰りたくない男性の気持ちが理解できるよ。


余った時間とお金は自分の為に使いたい。仕事を辞めてもいいという価値観の女性がいれば結婚を考えるけど、旦那の稼ぎで経済的に楽をしたいとか、旦那の収入をセーフティネットにする女性では、私とは価値観が絶望的に合わないでしょうね。

みんな結婚している時代が異常

自然界ではありえないでしょう。今までの人間社会が異常だったのです。結婚に向く人、向かない人がいるのは必然です。


私のような独身者が気楽に暮らせるように既婚者を持ち上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました