スポンサーリンク

貧乏人ほど金使いが荒い

労働者の皆様。



こんにちは。働くの嫌い、会社を辞めたいといつも思っているリェータです。今回の記事は労働への恨みではない、お金の使い方、特に貧乏な人ほど金遣いが荒いと思いませんか。



私がこれまでに関わってきた人で、貧乏な人は低収入なことが多いです。


それと同じくらいお金の使い方が下手です。なぜ、そう言えるのかというと、この記事を書いているときに、隣の席から聞こえてくる会話の内容から判断すると、低収入であると推測できるからです。


低収入の基準は明確にはできませんが。生活に困るほどのお金しか稼げないのが低収入だと思います。

スポンサーリンク

お金が残らない使い方

ギャンブル

彼氏が競馬やパチをするので、お金が溜まらないという話が聞こえてきます。胴元のお店が経営をしていくには、お客からお金を奪う必要があるので、パチに行く人はまず勝てません。


だってパチして勝つ人がたくさんいたらパチ屋が倒産をしますよ。働きたくもないのに、汗水流して労働で得たお金を散在しています。


競馬も同じで胴元が勝つように払い出し率が調整されています。勝ったときのみ利益に課税され、勝った馬券の購入費用のみ経費するというインチキ税法のせいで、競馬で億万長者になることは日本では不可能です。この購入した馬券を経費にするか否かが問題になり裁判になったことがありましたよね。


貧乏人に課された税金・・・と言われる宝くじもありますね。あれも宝くじの販売額の半分は国庫に入金されます。残りの半分から当選金の払い戻しが行われるため、購入したら50%は帰ってこないの確定します。

ネイル

女の人で多いのが、ネイルをしている人です。私はネイルはしたことがないのですが、これって結構な値段がします。


近所のネイルサロンの値段を調べてみたのですが、9,000円します・・・・言葉を失いましたよ。自己満足でやっているのなら問題ないのですが、ネイルにお金をかけて貯金ができないと嘆いているなら・・・( ^ω^)・・・???です。


ちなみに、男性は女性の爪はまず見ていません。むしろネイルなんてやめてほしいと思っています。あれを見ていると、「あの爪で料理をするのか?」と考えます。あくまでも私の意見です。

ブランドもの

ブランド物のバッグ等の小物を持っている人がいますけど、それって必要?と思います。こういうところにお金を使うのは理解ができない。


だって、これって買った瞬間から価値が減価するのが基本だし、そのバッグ自体はお金を生み出しません。また、量産されている商品なので、価値が上がることもまずないです。希少価値が高い限定モデルの物であれば、購入して保管すれば、5年後、10年後に価値が跳ね上がり転売すれば利益を出すことができますが、ブランド物を購入する人は通常、購入したら利用することが主となります。そこまで考えて購入する人はビジネスですね。


ブランド物を買うなら、金やプラチナの延べ棒でも買った方がいいのでは?と勝手に思っています。日本マテリアルで金の延べ棒10gなら60,000円買えますし、財布の小銭入れに金の延べ棒を入れておけば金運が上昇しませんか?金の真の価値も疑念を持つ人がいるが話が長くなるので、ここでは触れない。


話を戻して金やプラチナの延べ棒は保管方法が難点です。小さい塊が6万円もするなんて、落ち着かないですよね。それを財布にしまえる根性があればの話ですが・・・・

カフェ通い

スーパーで買い物をしているときに、聞こえてきたおばちゃんの会話なのですが、カフェ通いは駄目らしいです。


私が記事を書くときにはカフェで掻くことがほとんどなのですが、このカフェで作業をする行為がお金の浪費という話を聞きました。


言われてみれば当たっていると思います。でも、これってタバコと同じようなものなのでしょう。私は自宅では、くつろぎすぎる、ベットに乗っかると睡魔に襲われる体質なので、自宅ではブログの記事は絶対にかけません。レンタル会議室や勉強部屋をレンタルすることと比べてたらカフェ代なんて微々たるものでははいですか?


なのでカフェは、ブログを書くための場所代だと考えていて、これは必要経費だと思います。駄目ですかね?

飲み会参加

これも当たってます。対して親しくもない飲み会に頻繁に参加するとお金が飛びます。飲みに行くと、1回で3,000円以上のお金がなくなります。本当にこれは辞めた方が良いです。


私のような1人でいるのが大好きな人間には飲み会への頻繁な参加は無縁です。私は宅飲みやホームパーティがメインなので、1回500円~1,000円のお金があれば食材、飲み物は用意できます。


これもシェアハウスに住んでいる人の利点ですね。BBQも外でやると1人5,000円ぐらいかかりますが、自宅でやれば、ドリンク代別で1人1,500円で食材を揃えることができます。

若者は合理的

最近の20代の人は会社の飲み会を断る人が多いという。この気持ちは非常に理解できます。職場という賃金を稼ぐ場所での一時的に強制的に関係を持つ同僚と飲みなんて行きたくないですね。


職場の上司というオッサンの説教?武勇伝?仕事の進め方?という一方的な迷惑な話なんて聞きたくないという若者、共感できる。若者でなくても30代後半の私でも、職場の飲み会に自腹を切ってまで行きたくない。その時間、カフェに籠ってブログの記事を書きたい、英語の勉強をしたいです。


一回飲みに行くと、3,000円、4,000円が飛びます。この出費は痛いですよね。英検の単語帳を1冊購入してもお釣りがきます。職場のオッサンのつまらない話より自分の時間が欲しいです。逆に、どんな飲み会なら参加したいですかね?


小学校、中学校からの気の合う知り合いとの飲み会なら参加したいですね。利害が絡まない好き放題ほざける飲み会ならOKです。これを否定する人は少ないでしょう。


有益な飲み会、定義は難しい、参加者にストレスが少なく新たな知識が得られるならいいしょう。

有用なコピペ集

この記事を書くときに、色々な書き込みを見るのだが、心に留まった書き込みを見たので張っておく。

食費削って節約してるとか言いつつ趣味にバンバン金使ってたり
節約するとこ違うだろみたいな

食費の削減なんて微々たるものです。例えば、西友で買うと398円の弁当がコンビニだと498円とかはざらにありますが、1回100円の節約です。うーん、 もちろん、やらないよりやったほうが良いが、節約の効果は小さいです。

江戸時代、生活出来ないくらい金無い奴は博打ばかりしてたらしい。現代のギャンブラーも搾取されていることにも気付かずに金をつぎ込んでいる。伝統的なばか者だね。

なぜ金が残らないかガチでわかってない

貧乏のやつに共通して言えるのは1つ全てがだらしない

言えるな。欲望のままに、欲しい物を買う人。頻繁な外食とか、私が出会い系アプリで出会った女性がコレ。おまけに自分の資産形成の怠慢を私に精算させようとする女。


自分が飲み食いしたものを自分で払わない、お金が欲しいと言ってるくせにフルタイムで労働しない。してもバイト、派遣社員、一般職という給料が高くない仕事を選ぼうとする。

貧乏な奴ほどタバコギャブルといった無駄なものに金をつぎ込むのは定番

コンビニ 自販機 マック ココイチ ラーメン 居酒屋 パ*ンコ競馬に麻雀 高級車
底辺はお金が嫌いだから貧乏なんだと思う

貧乏人の子供が一流大学行っても大学ではお金の勉強はしないから
結局家庭での教育がお金についての考え方を決めるって
ロバートキヨサキが言ってた

情報商材屋に利用されるロバートキヨサキさんが可哀そうだよ。彼が行ったことは単純に、お金でを生み出す資産を購入する・・・という単純な事です。

貯金をしたい人へ

このブログの読者なら理解してますが、私は早期リタイアを目指しています。なぜなら労働したくないから。高給取りではない私、平均より若干上、程度の収入でリタイアを目指す記事を書いています。


当然、賃金奴隷を続けていて、それと同時に無意識に節約する癖がついている。私の月の生活費は10万円(家賃、光熱費含む)に届きません。おつりが来ます。その私が貯金をする方法を教えるなら・・・

  1. タバコは吸わない。
  2. ネイルをしない。
  3. 飲みには行かずに、宅飲みにする。
  4. スマホはキャリアと契約しないで格安SIMを買う。
    OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!
  5. iphoneを買わずに格安・中古スマホを買う。
      
  6. 賃貸の部屋を「住めればOKレベルまで」に下げる。
    *具体的には、シェアハウスに住んで固定費を激烈に下げる。
  7. 海外旅行に行かない。
  8. 車を持たない。
  9. ふるさと納税を利用する。
    *所得税、住民税が安くなり、食品等が手に入る。
  10. 欲しい物は買わない。物を買うと「働かないといけない」
  11. 転職して年収を上げても生活水準を上げない

特に大事なこと、できれば貯金額に影響を与えることは、赤字で書いた。


まずは、賃貸、仕事をしていると平日は寝る為だけ、休日も、そんなに部屋にいることは無いと思う。その為だけに家賃と光熱費を払っている人が多い。都内の1Kの部屋を借りると家賃7万円+光熱費1.5万+管理費0.5万円、合計9万円が毎月、固定費としてかかる・・・このぐらいの人はたくさんいると思う。


それに比べて私の場合は、家賃5万円(光熱費込)且つ、更新料も無いアパートに住んでいる。ということは固定費9万円の人と比べて、年間48万円出費額に差が出てしまう。


次は、転職して年収が上がっても生活水準を上げないことです。月の生活費が10万円に届かないのは、大学生の頃から変わっていません。年収100万円上げて、家賃を3万円上げて、自分へのご褒美と言って金を使っていたら、いつまで経っても貯金額が増えないし、上げた生活水準を維持するために多くの時間と労働力を仕事に捧げないといけなくなります。


私は、その逆を行っています。年収240万円だった薄給税理士事務所時代から生活水準を上げていません。(家なんて消耗品過ぎないので住めればOKくらいの認識です。)なので転職して年収が上がると、そのまま貯金額が増えます。


そのおかげで、普通の人より貯金ができ、株を購入したり、そこから生まれる不労所得を得ることができている。


労働嫌いにの私はいつも、上記のことを考えている。たくさんお金を使うと労働に拘束される期間が長くなることを意味します。そんなことに私の人生を捧げたくありません。

小金持ちでも精神的余裕ができる

小金持ちとはなんぞや?と言われると困るが、3年以上無職ができると・・今回は定義してみる。この状態になると仕事が嫌になったら会社を辞めることができます。


本当に、この状態になると精神が楽になり、職場の上司の小言にも、流すことができます。パワハラ上司もスマホを忍ばせて録音し、もっと金を搾り取ってやろうと考えるほど余裕ができます。


ただ、労働からいつでも逃げることができる&リタイアできない半端な状態のため、舐めて労働をするように時々なってしまいます。


労働から逃げられない半端資産、私のような人は、いかに労働から逃げないで資産額を増やすかが大事です。退職→労働→退職を繰り返していると資産形成に支障が出てしまいます。


労働から逃げたい人は、これだけは真面目に考えないといけない。

コメント

  1. ほとんど同意です。
    お金がないと常に言っている人は私は嫌いです。
    お金の管理等お金に関しての勉強、どうしたらお金を稼げるかという調べもしないし、努力もしないでお金がないのは世の中のせいとか人のせいにばかりしています。
    だからあなたの記事には同意出来ます。
    ただ、カフェに関しては勉強や副業になるので浪費ではなく投資だと思いますよ。
    ベッドで眠くなるのは人の体は場所を無意識に覚えているのでベットは寝る場所と認識しているので眠くなるらしいですよ。

    • むぎちゃんさん

      コメントありがとうございます。
      お金が無い人ってイライラしていることが多いんですよね。
      そのイライラが私にも伝染します。

      早く労働から解放されたいものです。

タイトルとURLをコピーしました