スポンサーリンク

結婚できるモテる女になる方法【男性視点】

女性のみなさん


こんにちは。リェータです。今回は男性から見た結婚したくなる・手放したくない女性を「男性目線」で書いていく。女性から男性への結婚に対する要望があるが、逆は少ない。


彼氏が結婚を決断してくれないと悩んでいる女性必見です。私は結婚相談所から広告料を貰っているわけでもないので信憑性はあると思います。

スポンサーリンク

男性が手放したくない女性の条件

男性目線で書いていく・・・

定職に就いている

女性の年齢がどうであれ、定職に就かない女性は論外です。なぜなら、定職についてないと低収入である可能性が高いからです。低収入で結婚を彼氏に仄めかしても、経済的に依存されると感じると男性は、その女性との結婚を敬遠します。


仕事がきつい、疲れたかから結婚して退職するなんて論外です。というか、最初から男性は「仕事を辞める」という選択肢はありませんけどね・・・・・・そもそも男女平等ですから、夫婦で協力して家庭を維持するために共働きは当たり前です。


契約社員や派遣社員をしている女性に言いたいです。 男性から経済的に依存すると思われないように、まずは定職について彼氏への経済的な負担を減らすことに努めたことがいいですよ。


ちなみに、稼ぐ金額だけをみたら、お水関連の仕事は、一般的な男性より遥かに高収入ですが、それは若い時限定で、早い人だと20代半ばから、その高収入を維持することは困難ですので水商売の仕事は除きます。


というか、堅気の男性は妻が水商売をしているなんて嫌だと思いますよ。


女性だって安定した収入があったほうがいいですよ。彼氏に致命的な欠点があって別れを決断したとき、お金が無いと逃げることができません。資産や収入があるなら、即座に、問題がある彼氏から逃げることができます。

定収入を確保して資産形成をする

私がブログでさんざん書いてますね。若くない女性が、男性と結婚を考えるなら、女性も経済力と資産が必要です。当たり前でしょう。


結婚という相手を1人に絞るという・・・色々な女性と関係を持ちたいという男性の本能に逆らったことをするのですから、メリットが無いと男性は結婚を決断しません。20代前半の女性と結婚できるなら養うことも甘受する男性はいると思いますが、20代後半以降の女性と養いたいという男性は少ないです。


非正規で定収入を確保しない、資産形成を怠り30代になり、自分のポンコツっぷりを、「 男性と結婚して精算しようとする姿勢もNG 」です。


それなのに、アラサー女性が男性に色々と条件を突き付けている光景を見ると、婚活10年遅れで致命的なのに、その女性は度胸と根性有りすぎて驚きです。条件を男性に突き付ける場合ではないでしょう?


桃鉄で言うなら80年目からスタートで周囲と何兆円と資産差があるのに逆転しようするくらいの難易度です。


養ってほしいなら高校卒業したら婚活しろよ。私のような資産形成に励んでいる男性から見たら、アラサー女性を養う事なんてしたくない。ゴチャゴチャ理由つけて正社員として働かない女性と結婚したくありません。(男性はゴチャゴチャ言う事すら許されない)


逆に言えば経済的な負担にならない女性なら結婚したいですよ。無理?ならいいよ。そんな、経済的に依存してくる女性と結婚しないことで、会社を辞め、労働から解放され悠々自適に余生を暮らしますよ。あるいは社会的な接点を最低限残して暇つぶし程度のバイトでもすればいいと思っている。妻子を養ったり、住宅購入が無いだけで男性は大金を稼ぐ必要がなくなります。


余談だけど、日本人女性は、夫が稼いだお金や資産を管理しようとしますよね。私の父もそうでしたけど、自分で稼いだ給料から母からお小遣いを貰ってましたよ。本当に理解ができないよ。


父が労働に苦しんだ原因って、お小遣い制度という経済的DVと、パートくらいでしか働かない母がいたから、父が長時間労働をしないといけなくなる・・・というのが原因じゃないのか?と今思うよ。そんなことをされたら、ただでさえ長時間労働でストレスが溜まっている父に、母は、自宅でもストレスをかけるようなことしている。


この労働の過酷さを実感している私から見ると、母は、父のように正社員で長期間労働をしないんだからストレスが溜まらない。日本人女性の寿命が長いのって単純に男性より労働してないからでしょう?違うの?こういう光景をガキの頃から見てたから、女性には定職について、家にお金を入れて夫を助けるために労働をしてほしいと思います。(男女平等です。)・・・というか世の中の男性の大部分はコレをしている。


私が女性に経済力と資産を要求するのって、人生のパートナーを探しいるのかもしれないですね。

お姫様待遇を求めない

男性にデートの日程、時間、集合場所、店を決めてもらってばかりの人もNGです。それを繰り返していくと男性側が疲弊して「めんどくさい女」という評価を受けて男性が逃げます。


これで女性のご機嫌取りまでしていたら、デートではなくて接待です。仕事なら取引先をお姫様扱いをすることで、売上獲得・次の取引獲得という絶大なメリットがあるので、男性は取引先の接待をします。


普通のアラサー女性を接待しても見返りが無いのに、お姫様扱いを求める貧乏女に、色々と要求されたら男性から即切りされます。続いたとしても体関係を持つまで限定で、長期に渡り男性との関係を築くことができません。


アラサー女性で、彼氏から3か月とか半年くらいで告げられる人って、男性から見たらセッ*ス要因なんじゃなの?


こういう事態に陥る女性を守る為に、昔はお見合い制度というものがあったんですけど、これを壊して、自由恋愛を広めた奴がいるんですよね。だってお見合いで紹介する人は、ある程度、身元がはっきりした人です。借金持ちとか女癖が悪い人なんて紹介したら紹介人の評判が奈落に落ちる。

そもそも女は「 人間性 」でモテているわけはない

彼氏が途切れたことが無いと女性が言うが、男性から立場で言わしてもらうと、生理的に嫌悪感が湧かない女であれば、男性はどんな女とも小作り行為なんてできるのです。


というか、この行為が男性にとって最大のメリットで、若い女性とやるように脳にプログラムされているのでしょう。20歳前後の女性は男性の心を狂わす性的魅力がありますよね。逆に25歳以上の女性には心を狂わされる魅力はありません。やる分にはいいけど結婚してもメリット少ないし・・・女性の肉体の若い時期を独占できるメリットもないし・・・


つきあっている彼氏が結婚してくれないとか、行為はしても避妊するとかしていれば、おそらく彼女は彼氏からみたらキープ要員でしょう?違う。


30代になって男性にモテなくなったという女性の話をよく耳にするが、それは「人間性でモテているわけではなく、体でモテた」というだけです。そんなことも分からないのか?

お金への価値観が合う

世の中の揉め事の大部分はお金に関することです。酷いものだと世間を騒がせることがあります。


契約社員・派遣社員で実家暮らしの女性で海外旅行に頻繁に行くとか、ブランド物のアクセサリーを多数所持とか、「どこからお金がでているんだ?」と懸念されるような金銭感覚はNGです。定職についた女性がこれらにお金を使っていても問題無いですが、さすがに使いすぎているとお金への価値観を疑われます。


デートの時は食事代は男性に奢ってほしいとか発言する女もNGですね。「食事代を奢ってもらうことで女性は大事にされていると感じる」と言いますが、逆言うと


「食事代を奢らされる男性は大事にされてない」と感じますよ。


働いていたらお金を稼ぐことの大変さなんて容易に理解ができるが、そんなことも理解できないのでしょうか。というか自分で食べた物くらい自分で払わないの?


これって日本人女性だけなんですかね?フランス、ロシア、カザフスタン女性と食事に行ったとき、奢らせれるようなことはなかったですね・・・

容姿に関することがほぼ無い

書いていて意外だが、女性の容姿に関連することは一切ないということに気が付いた。最低限、男性に不快感を与えなければいいのです。というか女性の服やらファッションやら理解できる男性はあまりいない。


容姿のことをあげるなら、太っていないことが最低条件です。太っている人は自己管理ができていません。だから太るのです。


男性は恋愛相手と結婚相手は明確に分けています。これを知らず、体目当て用女性が「モテている」と勘違いして歳を取ると悲惨なのです。モテていた頃と同様に男性に要求を叩き付けるから批判されるのです。


30代半ばのオバサンが年収600万円以上の男性がいいとか、専業主婦になりたいとかふざけているのか?女も年金を貰う or 資産形成ができるまで労働するんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました