スポンサーリンク

底辺って何だ?

労働者の皆様


こんにちは。不労所得が元気の源であるリェータです。「底辺とは関わるな」という言葉を聞いたことがある。ひと昔、「社会の底辺とは関わってはいけない」という記事を書いた人が炎上した。


どんな人が底辺なんだろうな。

スポンサーリンク

底辺の人(私の偏見)

金を無心してくる

他人からお金を借りることに抵抗が無い奴は、底辺確定です。これは否定ができない。人様からお金を借りるということは、金額と返済期日と利息を決めないといけいない。(金額が大きいと担保も)


クレジットカードのリボ払い、銀行から借り入れをした人がある人なら当然だが、お金は借りたら利息を払う、お金を借りるにしても担保を供さないといけない。


お金の貸し借りは、これくらい厳密にしないといけないのに「お金を貸して」と言ってくる奴、


コイツは「人を舐めている」と一発で判断、即切り対象です。こう言う奴はギャンブル・風俗とかろくでもないことに浪費した結果です。


普通にしていたら不相応な買い物でもしない限り、今の底辺に優しい日本では生活に困ることはない・・・



さらに、借りている分際で返済の催促をすると嫌な顔する奴は、ありえない。お金にだらしない奴は全てにだらしないのです。

会話のレベルが低い

的確な表現が思いつかなかった。底辺になるのは、その会話をする人の思考が底辺だから・・・


私が話をするうえでの判断材料で、この人とは、話が合わないという話題があります。


ギャンブル、風俗なんてものは定番だが、テレビの芸能人・ドラマも、私の中ではNGです。こんな芸能人のプライベートなんかどうでもいい。


本当に価値が無い、時間の無駄、というかテレビをつけて、漠然と時間を過ごす人とは価値観が合わないでしょう。


FX、株の話が出てくることなんて、まずないし、インデックス投資、高配米国ETFとか、当然、その話もしないでしょう。


それどころか、独身で生命保険へ加入して保険金受取を親にしているとか、そんな話を聞くとなんだかなぁ。

勉強しない人

一日の大部分を一緒に過ごす同僚に影響を受ける人が多いと思いますが、周りに勉強をしている人がいないと、底辺に這いつく可能性が出てきます。


人というのは周りに、少なからず影響されます。勉強しない人が周りにいると、自分は、勉強してない同僚と比べて現在の地位に甘んじてしまうこともあります。


私もリタイアを目指すブログを運営して、色々な人とネット経由で交わることになったが、彼らは、日々の労働に忙殺されている私に情報をくれます。それもタダで・・・


フードロスを少なくするためのウェブサイトで食品を格安で購入する方法なんて、普段、税金ばかりを勉強していたら触れることが無い情報です。


なんか私も生活水準だけをみたら底辺だよな。築60年の外人がたむろするアパートに住み続けているし・・・


自発的に情報を取りにいかないと人生を損することもありますよ。情報商材を売りつけてくるゴミ共もいるので注意が必要ですが・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました