アクセスランキング 学校の授業に英語はいらない - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

学校の授業に英語はいらない

      2019/08/21

現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。  1回くらいクリックしてくれてもいいんじゃんないの? にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 このブログのアクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・

労働者の皆様

こんにちは。労働嫌い日本代表のリェータです。今回は労働のお話ではない。英語のお話です。私も含め、日本で義務教育を受けて、高校に進学した人なら英語を6年間、大学も含めたら10年ほど英語に触れていると思う。最近では小学校から英語の授業を取り入れている学校もあるという。私が高校生の時とだいぶ、事情が違うようです。

ちなみに、私の英語への姿勢ですが、結論からいうと、学校での英語の授業に反対です。

 

中学校、高校の英語の授業すらいらない

英語はただのツールです。英語がいくらうまくても仕事はありません。英語をうまく話せたとしても、アメリカ人、イギリス人の無職よりも英語はうまくなりません。学習して英語を勉強した人と、母語話者のように英語を自然と身に着けた人では英語の運用能力には歴然の差があり、この差を埋めるほどの学習は意味がありません。

英語が完璧に理解できる英語の母語話者にも無職がいるのですから、英語が話せることがお金になることではなりません。人の人生は短いのです。そんな無駄なことを勉強している時間はありません。それよりも何をしてお金を稼いで生計を維持していくのかが大事です。そもそも、学生さんが英語を勉強しないといけないのは、英語が進学に必須だからです。センター試験で英語が科目として設定されているからです。

 

そもそも、センター試験に英語を設定することは不平等だと思いませんか?おまけに英語以外にも、ドイツ度、フランス語もセンター試験で受ける事できる?ようで、ここまでいくとただのアルファベットの羅列よ文法知識を競う雑学テストみたいなもので、こんな職に直結しない生活するうえで必要な科目をセンター試験に導入する必要があるのか?

 

英語よりも重要なのは、化学、物理、生物、数学、国語です。これらは入学し、今後のキャリアにこれらの知識は直結します。文系大学なんて不要だと思っている私は、倫理。政治、日本史、世界史、日本史なんてものは暇つぶしに程度の勉強をすればいいのです。そもそもこれらの科目は教科書を制作する人の意図が入りやすいです。特に第2次世界大戦の前後の歴史なんて日本は露骨なくらい検閲されてますよね?

 

そもそも語学は必要に駆られれば自主的に勉強します。私のように海外の人とやり取りをしたいという理由で、高校生の時は、英語を1日6時間勉強しても苦にはならなかったし、これは学校から強制されたわけでもないです。強制されないで自主的に勉強をしたほうが語学力は伸びるのです。ロシア語も旅に必要だから勉強しましたけど、こちらの学習も苦ではありません。

 

働かないと生きていけない

私も含めた貧乏人は働いてお金を稼がないと生きていけません。大学も生きていくための仕事を得るために知識を身に着けるところなのです。ということは仕事が無いと人生が真っ暗ということです。上でも書いたが、英語の勉強に時間を割くなら仕事に直結することを勉強するべきです。10代の多感な時期にお金にならない、自己満足レベルの英語の勉強なんかしている時間はありません。

 

そもそも、英語を勉強して何がしたのですか?ただかっこいいから?そんなことをしているならナンパしてトークスキル、コミュ力を身に着けて、経済力を身に着けたほうが、かっこいいと思いますよ??

 

英語がうまくなっても

英語を勉強を頑張って学習者のレベルを卒業したときに、英語を使ってどのくらいの仕事ができるのですか?せいぜい、英語圏の現地企業の対日本人くらいの仕事しかなく、グローバルな仕事はできません。大学で国際**学部に進学するなんて一番グローバルな仕事から離れます。

 

なんで、そんなことを断言できるのかというと、私が会計事務所に勤めてきて、実際に沢山の会社を見てきたからです。色々な顧問先で海外出張をしている人の属性と言うものが、だいたい見えてくるんですよ。海外で働いている人の特徴をまとめていくと共通点があります。

 

海外で対日本人ではない仕事に就くには

英語圏に関わらす海外でグローバルな仕事ができるのは以下の仕事です。

製造などの技術系の仕事

言語に依存しない技術の仕事は世界中から引っ張りだこです。アメリカもそうですよね。エンジニアが足りないから、英語に多少の問題があっても優秀な人にはビザがおり、大学にも奨学金が支給されます。逆に文系の学問は門前払いです。別に英語に限らず日本でも同じかもしれない。

あと目にしたのは。発電所のメンテナンスもありますね。これも現地が必須ではなく必要なのは発電所のメンテナンススキルです。これも理系の知識ですね。

看護師等、医療系

これも人体というものに関わるため、最低限の言葉が分かれば労働ビザはおります。といってもオーストラリアだとIELTS7.5くらいと聞いたことがあります。英検だと1級、TOEICだと900点くらいでしょうか。向こうで生活するならこのくらいの英語力がないと駄目みたいですね。というか英語圏で暮らすなら英検1級くらい合格しないと話にならない。

 

要するとに

上記の2つと手に職系の仕事しかくらいしかグローバルに活躍はできません。英語がネイティブではなく白人ではない日本人は英語ができるだけでは海外で働けません。海外に進出して、お金を稼ぎたいなら海外に投資して、そのお金で現地人を雇ってビジネスを展開すればいいんです。わざわざ日本人を雇う意味はありません。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 教育 ,