スポンサーリンク

在宅勤務の方が、オフィス勤務よりストレスが溜まる

労働者の皆様


こんにちは。毎日、嫌な労働お疲れ様です。リェータです。私だけか不明だが、会社へ行くより在宅勤務の方がストレスが溜まる・・・という人はいますか?


スポンサーリンク

メリハリがつかない

仕事と仕事以外を完全に切り分けたい私のような人間は、在宅だと神経が常に張り詰めた状態になる。


ということは、常に神経が緊張状態(仕事状態)になり在宅勤務が終了しても神経が病まらない状態が続いてしまい、それがダメージになり蓄積されてしまう。


これが2か月、3か月続いて精神にきたような気がする。


逆にオフィスに通うと、神経がオフィスで働く体制に切り替わる、プリンター等の事務用品が使い放題になり仕事が捗るから仕事が進む、仕事を貯めこむことがなくなるのでストレスの蓄積が軽減される。


私は在宅勤務が向かない人間なんだろうな。

 

カフェが閉まるのが早い

現代奴隷の楽しみ、労働後にカフェに行くことが月に20日以上あったのが、自粛のせいでカフェに行ってリラックスすることができなくなってしまった。夜の8時で店が閉まるの為、退勤後、30分くらいしカフェにいれない。


この奴隷の労働への恨みつらみを書くこともできなくなってしまった。そうすると、私のストレス発散時間も激減してしまったのである。そうするとストレス発散できない→精神ダメージが蓄積される。


通勤時間が片道1時間半や2時間ある人なら在宅勤務が良いと思うが、会社から自宅まで30分とかの人だと、在宅勤務するより会社に通った方がストレス発散できるんじゃないのか?

すぐに聞けない

入社して間もない私が仕事の不明点にぶち当たっても、すぐに聞ける人がいないというのもストレスのもとになっていると思う。そして、その不明点が溜まり、それがさらなるストレスになってしまうという状態が続く・・・なんか嫌になりますよね。


私は自宅では仕事が集中できない、仕事を家に持ち込みたくない人間なので在宅勤務は激烈に嫌なんですよね。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました