30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

営業の人はなぜ人に会いたがるのか

      2017/05/05



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



会社で電話応対をやっていると、
投資用マンションや、
人材紹介会社からの営業電話がたくさんかかってくる。

営業電話は社長宛が多い

社長はいますかとよく聞かれたり、
人材採用の担当者は誰ですかと聞かれることが多々ある。
そして、なぜか彼らは私に会いたがるのである。

言いたいこと

営業担当と私が会ったってどうしようもないでしょう。

一介のサラリーマンである私と営業の人が会って
何を話すんでしょうか。私に売り込みをかけたって、
裁量、決裁権もないのに意味がないです。

こちらが会いたくなるようなネタを
持ってきてくれなければ会う意味がないし、
お互いに時間の無駄でしょう。

会社同士が信頼を生まれるとき

お互いに仕事を進めるうえでのトラブルを乗り越えて、
お互いに利益を得たときに信頼が生まれると思っています。

ただ、営業担当が頻繁に挨拶に来たぐらいで、
関係が深まるわけないです。

実例を挙げると、会社のプリンターが故障して困っているときに、
会社の別の支店で導入しているプリンター会社の営業さんに連絡して、
その営業さんと色々とやり取りをして、
プリンターの導入をしたときに、
そのことがきっかけで信頼が生まれたことがありますね。

こちらの都合を考えない、お互いに利益を構築しない営業さんはダメです。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 仕事