スポンサーリンク

令和3年の日本の平均年収は443万円(男性545万円、女性302万円)

労働者の皆様

令和3年分の民間給与実態統計調査が国税庁から発表された。


引用元記事はこちらです。

2022年9月28日に公表された国税庁「令和3年分 民間給与実態統計調査」 によれば、令和3年の日本の給与所得者数は5270万人、平均年収は443万円(男性545万円、女性302万円)でした。

平均年収は給与所得者で男女で平均で443万円か。

【グラフ】年齢別の平均年収をチェック!年収400万円以下の男性も少なくない(出所:国税庁など) バブル期に「3高」と言われたように、昔から女性は結婚相手を選ぶ際に年収を重視する傾向にあると言われています。 特に女性は出産や育児の状況により、働き方をセーブする可能性は誰しも抱えているもの。

出産や育児で働き方をセーブするの辞めてもらって良いですか?男性は子供がいようがいまいが、セーブできませんよ?

その不安を考えると、男性の年収は気になるかもしれません。 しかし時代は着実に変わり、現代は母親の4人に3人が仕事をもつ時代です。


厚生労働省「2021年 国民生活基礎調査の概況」を参考に働く母親の内訳を見ると、正社員は約3割、パートは4割近く。 価値観が目まぐるしく変わる現代では、結婚相手の年収を重視しすぎない方がよいと言える時代になるかもしれません。その理由を5つご紹介します。

会計職に就いているなら、企業に出資するときに、年収という売上を見て出資するか否かの判断を行うことは無い。それより重視するのは貸借対照表という、資産や負債がいくらあるか?


あるいは過去の企業活動で、どのくらいの利益を溜めることをできたか?を重視します。資産も内訳が必要で、資産の大部分は換金ができない土地建物ばかりというのも困ります。

結婚相手選びの年収水準として、年収400~600万円程を希望する女性が多いとよく話題になります。 しかし、国税庁の資料による、年齢別の平均年収は以下の通り。 20歳代後半の男性の平均年収で404万円、30歳代男性で472万円です。 上記は既婚も含みますが、平均で20歳代後半が404万円ですから、年収300万円台の方も多いでしょう。


また、今の年収がそのまま続くわけではありません。上記を見ると40歳代前半は584万円、50歳代前半は664万円となっています。 年齢とともに年収が上がる可能性が高まりますが、実際には個人差があります。自分に合った仕事を選んでいるか、仕事に対する考え方や姿勢、長い目で見たキャリアプランはどうか等で今後の年収は大きく左右されるでしょう。 現時点の年収だけでなく、仕事に対する意識や行動のほうが実は重要と言えるかもしれません。

結婚するために頑張っている女性が、男性に希望にする400万円~600万円だが、これができる男性は30代後半以降となる。600万円以上は、ほとんど40代以降でしょう。無謀だよな。若くて高給取りの商社津止の人がいるが、長期出張、海外駐在をさける事ができません。それだと家族揃っていくとこになるが、異国で家庭を営むは辛いでしょう?


ところで、女性は現実的という話を聞いたが、無謀な年収を男性に希望することが、どこか現実的なんだ?ずっと夢ばかり見てるじゃないか。現実味無いと結婚できないよ。そして歳をとり、田嶋陽子か上野千鶴子になるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました