スポンサーリンク

仕事できる人はセミリタイアをしない

労働者の皆様


こんにちは。労働への永遠のストライキをしているリェータです。リタイアをしたい人を眺めていると仕事が嫌いという人が多いです。というか雇われリーマンで仕事が好きな人がいるのか?

スポンサーリンク

労働嫌い

私が会社辞めたい理由の大部分を占める。労働そのものが嫌い。一流企業だろうが、上場企業だろうが興味は一切ない。楽に、ストレス無くお金を稼ぐことを重視している。


企業名や企業規模もどうでもいい。とにかく楽にお金を稼ぎたい。この莫大なストレスを抱えながら、得られる努力の結晶が「給料」です。ストレスを抱える代わりに、経済面での不安がなくなります。それでも会社が傾ければ強制退職にはなりますが・・・・


労働が好きな人って、なんで労働が苦じゃないんですか。本当に働くのが辛いよ。経営者以外で仕事が楽しい人なんていないんじゃないのか。経営者が仕事が楽しいのは理解できるよ


仕事をやるやらないの裁量がある。儲けがすべての自分のものになるからね。雇われサラリーマンは両方ないんだよね。だから労働が苦痛なのかもしれない。

転職がストレスになる

前職を5年強働いて、現職は4か月くらい経ったが、労働環境が激変し、これに精神が耐えられなくて、今の仕事を休職してしまっている。きつい。試用期間中に長期欠勤、本採用にいたらずというこも覚悟しないといけない。


転職ってストレスがすごいんですよ。今回、精神が潰れましたが、本当に、新しい職場に慣れるまで本当に大変です。3回転職をしているが、こんなことは初めてだ。

義務教育が生み出した失敗作

それが私、学校に行くのがダルイ、意味が無い勉強嫌い、わけのわからない校則に従うのダルイ、嫌い。教師の言うことが絶対、同僚という名のクラスメートと無理やり付き合うのもダルイ。超絶コミュ症の私。


そんな奴がサラリーマンなんて務まるわけないのです。務まらずに自分で事業を興せなければ、段ボールの世界の住人に最悪なるわけです。辛いよ。


生きるのって辛いよ。。やりたくもない労働をしないといけない。来世は人間に生まれたくないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました