スポンサーリンク

今週もまた始まった

金曜の夜のなんともいえない高揚感から日曜の夜に感じる虚脱感を乗り越えて月曜の朝が来た。毎週襲われるこの心の余裕の無さは、何度経験しても耐えられない。

毎週月曜の朝に思うのは、世間のお父さんはこれを経験して、会社に長年通っているのである。高校生の時は私は全く父親のすごさというものを感じなかったが、30代になるとこのすごさが分かるのである。

私は独身だがら背負っているものがないので、身軽な方だが、自分の父親が私と同い年の時には、2、3歳の私がもういたのである。

父も日頃から宝くじが当たったら仕事をやめると言っていて、よくも頑張れるなと思った。
妻子ができ、守るべきものがいると世間のお父さんは頑張れるのか?

私は独身なので分からないが、世の父親をここまで駆り立てる妻子の力は偉大だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました