30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

今の仕事のいいところ

   



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



いつもは「働きたくねぇ」と言っている私ですが、今の仕事をほめてみる。

労働環境

もともと、プログラマーとして勤務していました。そのころと比べると残業時間が断然少なくなっています。これまで働いてきて、月の最長残業時間は30時間程度です。

プログラマー時代とは一転して、月に120時間、休日出勤、徹夜はなくなりました。これは、本当にありがたいです。仕事が終われば、すぐに帰れる。炎上プロジェクトの火消しに回されることないのがありがたい。

給料

お給料はプログラマーと比べたら、かなり落ちます。だって残業がほとんどなくなったからね。残業を月に100~120時間すると給料が2倍になります。その莫大な時間の残業代がなくなれば、そりゃ給料は少なります。

ただ、一時間当たりの給料単価は、プログラマーのほうが少しだけよかったような気がします。

愛着

客先常駐で勤務していたので、これまでに務めていた会社に愛着を持ったことがなかったのですが、今の会社では少しはありますね。まぁ、働きたくないことには変わらないんですけど・・・、ひとつの職場で腰を据えて働けるのはいいことです。

人間関係がリセットされないのはありがたい。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 仕事