スポンサーリンク

クレジットカードのリボ払いの恐ろしさ

リボ払いとは、何かをクレジットカードで買ったとき、
たとえば、航空券を10万円で買ったとしましょう。

スポンサーリンク

一括払いなら

期日が来たなら、
10万円が口座から引き落とされて決済され、
それで支払いは完了です。

リボ払いは・・・

それに対して、リボ払いは、10万円の支払いがあるのに、
一回当たりの返済額を1万円、2万円と少額にして
払うことができるメリットがあります。

元金があると利息がかかる

ただデメリットもあって、10万円の内1万円を返済したとして、
あと9万円の支払いがあります、
この未返済の分に利息がかかります。
この利息が年10%超えるのが普通です。

元金が全然減らない

ということは、利息ばかり払って元金は
いつまでも返済できない罠に落ちます。

クレジット会社は利息がたくさん取れて儲かるので、
クレジットカードのポイントを上乗せしてでもはらうように、
ダイレクトメール、ハガキを送ってきます。

リボ払いは利用しない

私はリボ払いは利用したことはないです。
なぜかって、単純に余計に支払うお金がもったいないからです。

それ以上の理由はないです。
余計なお金を使うほど、アーリーリタイアができなくなります。

リボよりも会社での労働が恐ろしい

リボ払いの恐ろしさよりも、
会社勤めの恐ろしさの方が上です。
リボ払いはお金が拘束されるだけです。
会社は、時間、お金、自由を拘束してきます。

利息を管型人は天才か?

この利息という考え考えた人は賢いですよね。
時は金なりを体現していて、

働かなくてもお金を得る仕組みを考えたのが最高です。
私もFXでスワップポイントという
利息に似たもので利息を得ているので同じですね。

私が寝てても病気になってもお金をはいってきます。

トルコリラを追加で買おうかな。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました