スポンサーリンク

キャリアアップとかいらないので、自由を下さい。

こんにちは。リェータです。

今、この記事をカフェで書いている。私の席の周りでは、資格の勉強している人が多い。かつての私もそうだったんですけどね。いい仕事、給料を得るために一生懸命頑張っていたころが懐かしいです。今?不労所得、副収入に結びつかない勉強、自分が興味が無いことを勉強するのは苦痛です。

スポンサーリンク

サラリーマンである限り自由は手に入らない

勉強しても、良い給料を得ても自由は手に入らないんですよ。一般的な話だが、高い給料を貰える仕事ほど、ストレスが溜まり、肉体的、生菌的ダメージが増える傾向があります、それに加えて休日出勤、残業が多くなり、自由時間が少なくなりがちです。


資格の勉強をして頑張ってもサラリーマンから抜け出せないんですよ、働く時間、場所、人間関係に悩むという生活は、いくら資格を頑張っても抜け出せないんですよね。

昇進したら年休が増え、仕事が減るならOK

課長になったら仕事が減り、年間休日が増えるなら労働者にメリットがあるので、そうすれば出世を目指す人が増えるかもしれない。なぜなら労働する量が少なくなるからです。


最近の若い人が出世したくない人が多いのは、出世しても僅かな昇給と引き換えに仕事量と責任が爆増して「割に合わない」からでしょう。言い換えれば、「割に合えば」出世したい若い人も増えるでしょう。そんんな会社は存在しませんが・・・


話が逸れますが、時たま話題に上がる「働かないオジサン、オバサン」ですが、出世しても「割に合わないから労働しない」道を究めた人なんではないでしょうか?彼らにも若い時があったはずです。当然、若い時は扱き使われ薄給だったでしょう?そういう経験を長期間してきたら、「出世して、薄給で、たくさん労働させられる」ことも知っているでしょう?そしたら出世を目指さなくなった。

勤労収入は体が動くというのが必須

高給と言われる仕事に就いたとしても、新たな仕事で休日出勤、長時間労働で体を酷使するような働き方をしていると、体を壊した時に、収入がゼロになります。厳密には有給が無くなり、欠勤すると傷病手当金が支給されるが、手取りは半分くらいになります。


この傷病手当金も最長で1年半しか受け取ることができないです。とうことは、働いていてお金を得る方法だと、働けなくなったら収入がゼロになる欠点があるんですよね。労働できても、貧富の差関係なく、1日24時間という時間しかないので、就寝時間、食事の時間を考えると、働くことができる時間にも制限があります。

勤労収入以外にも道を作る

私はこうやってブログの記事を書いているのは、不労所得を得る方法を考えながら記事を書いていたり。投資先を考えたりしています。


私のスタイルは、いかに働かないで収入得るということを重視しています。なぜなら、不労所得が有れば、いきなり会社を辞めたりしても収入がゼロにならないというメリットがあるからです。お金にゆとりがあると精神的にとても安心できますし嫌な労働条件から簡単に抜け出すことができます。

この記事を加筆している2022年8月時点ですが、私は昨年、精神的にダメージが溜まり、会社を休職しました。その時の記事はいかに書いてます。結論が言うと、普段から節約するという当たり前の状況を作り、不労所得があると休職しても収入があるので精神的に安心して、ゆっくり休むことが出来ました。

参考記事:
休職したが貯金が減っていない


投資と言っても、FXで新興国通貨・高金利通貨には手は手を出さず、低レバレッジで小銭を稼いだり。勤労収入外にも収入の道を作っています。というかロシアルーブルやトルコリラには手を出してはいけない。


DMM FXは初心者向け


普段から貯金に励み、投資の種銭を大きくし、米国債等の安全度が高い資産を中心としたETFを購入し、そこから生み出される分配金という名の不労所得が、生活費を上回ればサラリーマンをやめることができ、目覚まし時計にたたき起こされる生活からも解放されます。


アルバイトで2万円を得るのと、FX業者に証拠金500万円を預けて月収2万円得るのを比べて、どちらが楽かなんて議論の余地もないです。

資格の勉強ではなく、資産の勉強をしてみる

働くにしても、1か所の職場から給料を得るのではなく、収入の道を複数にするというのも有効です。



私が思いついたのは、資格の勉強をするよりも、ヤフオクの使い方とか、メルカリの使い方を覚えた方が多くの資産を築けるのに、なんでお金の稼ぎ方を勉強しないのか理解に苦しむことがあります。


でも、日本の学校教育を受けると、働くしかお金を得る道がないと教え込まれるのでしょうがないですが・・・


私はキャリアアップには興味ないです。それだと、サラリーマンを辞めることができないからです。根本的な部分(給料)である他人(上司)に生活水準を決められてしまう身分から脱出できないからです。ちなみに不労所得を得ている無職にキャリアダウンすることには興味があります。

参考記事
自費でMBAは無意味

コメント

タイトルとURLをコピーしました