スポンサーリンク

お金が溜まらない?じゃあずっと労働な

労働者の皆様。

こんにちは。リェータです。相変わらず働きたくね。500連休くらいしないと気が収まらない。会社を辞めて、ウクライナのオデッサという町のビーチに行き、ブロンドお姉さんたちを眺めて居たいと妄想をしている。だって会社で働くのがマジ辛い。合法懲役みたいなもので、何にも悪いことやってないのに、なんで囚人と同じことしないといけないんだよ。

 

労働が原因で、休みが楽しめない。

 

さて、今日も地獄の労働が終わり会社の外へ出た。そしていつものように、会社の最寄り駅につき、帰りの電車に乗った。そしてブログの記事を頭の中で考えていて。

 

そして別の会社で奉仕している現代奴隷の呻き声という名の「愚痴」が聞こえてきた。私と同じ世代だろうか?30代半ばの男性が給料が安いと嘆いているのが聞こえてきた。彼女と結婚を考えているようだが貯金があまりできていないらしい。

 

 

スポンサーリンク

お給料が安い

彼の話を聞くと、「給料が安くて貯金ができない」と嘆いているが、給料が安いから貯金ができないんじゃない。浪費をしているからお金が溜まらないのである。お金が無いと言いながらアップルウォッチなんて付けている人を、私は久しぶりに見た。これだって4万円くらいはするのではないのか?そんな1日も電池が持たない時計に大金を払う神経は理解できない。

 

 

私の腕時計なんてケーオーデーツで買った5000円の腕時計を10年以上使っている。時計の機能を時刻確認という用途に限れば、それだけで十分です。腕時計なんかに5万円、10万円も出せるか。だいたい4万円なんて、私の生活費の12日分くらいである。私はすぐに使ったお金を計算して、そのお金で自由な時間がどのくらい買えるのかを計算する。正確に言うと労働しなくていい「日にち」に換算する。私の生活費は1日当たり家賃込み3,000円(もっと少ないかも・・・・)くらいです。

 

ということは、4万円を使うと、13日の自由を捨てたことを意味します。そして私はそういう浪費をすると、あとで後悔する。**万円を使ったばかりに、会社に**日通って労働しないといけない。と考えてします。労働が死ぬほど嫌いな為、労働日数が増えることを嫌悪している。逆に言えばお金を貯めれば貯めるほど、労働しなくていい日が増えるわけです。

 

その労働から自由になれることに快感を感じます。だから少ない給料でも貯金ができます。私のように薄給零細会計事務所で、月に手取り20万円未満しか貰ってなくて、手取りが17万円という派遣社員よりも薄給でしたが、月に7万円~8万円貯金はできました。

 

 

ただ、人間的な生活ができていたかというと、そうとは言えないのが悲しい、一人暮らしではなく、家具完備のシェアハウスに住んで家賃と光熱費を節約してましたし。外食にもまず行きませんでしたね。親に転職を勧められるほどの薄給会計事務所でしたね。

 

 

生活水準を下げる

貯金を本当にしたいなら生活水準を下げるしかないですね。例えば、夜、仕事が終わった後、飲みに行かない、趣味にお金を注ぎ込まない、ソシャゲは禁止、家賃を今の半分の部屋に引っ越す、なんなら多摩川沿いのブルーシートの世界なら家賃はゼロになりますよ。

 

車を持っていたら売却すれば、自動車税。駐車場代、保険料が浮きます。生命保険も不要なので解約しましょう。携帯電話もキャリアと契約をするのではなくて、格安SIMのMVNOにすれば、料金は1/2-1/3になります。

 

 

余談ですが、男性のしていることに感謝ができない、働ている男性を詰って金がかかる彼女なら切り捨てる(ロスカット)の一つの手です。女性なんてトルコリラや日経ダブルインバースみたいなもので、最初の数週間はスワップポイントで稼いでいて得だと思いますが、長期で持っていると価値が下落して、含み損が増えてきてロスカット(別れ話)するのにも度胸が必要になってしまいます。

 

 

話が脱線しますが、歳をとった女性と結婚するのを躊躇しますよね。それでも結婚するなら利上げや、追加資金を彼女から貰えないと結婚しないですよね?色々と考え見ましたが色々と削減ができるものが多いのではないでしょうか

コメント

  1. 上に書いてある普通の人にとっては非常につらいことである、人付き合いを切るという事が自然にできてしまうコミュ障であるが、これは良い事なのだろうか?

    • deefeさん

      >上に書いてある普通の人にとっては非常につらいことである、人付き合いを切るという事が自然にできてしまうコミュ障であるが、これは良い事なのだろうか?

      どうでしょうね。私が結構やってしまいがちです。娯楽が多い現代だからできる贅沢だと思います。大昔の狩をしていた時代だと私はとっくに死んでいます。
      そんな人付き合いはドライな私ですが、一度付き合うと関係が長続きしますね。一人は20年以上の付き合いがあります。

  2. はじめまして、私も労働が大嫌いな30代の男です。セミリタイアという生き方を知ってからはさらに嫌いになり、最近では頭痛や下痢、めまいといった身体症状まで出てきました。貯金はリェータさんの半分にも及びませんが、休職からの退職になりそうです。これだけ労働嫌いを公言してても会社に行けるのはすごいと思います。

    • ヒロさん

      こちらこそはじめまして。
      私の場合は、頭痛や下痢ではなく、皮膚に現れました。手が極度に乾燥し、痒みが治まらないことがあります。

      >これだけ労働嫌いを公言してても会社に行けるのはすごいと思います。
      両親に心配をかけたくない ということが私を労働に駆り立てているようです。
      20代のころ3年も無職をやり資産を毀損したツケを今、払っているようです。労働辛すぎです。

タイトルとURLをコピーしました