スポンサーリンク

【適応障害】職場に復帰することになった

労働者の皆様


こんにちは。職場に復帰することになったリェータです。辛い労働から貧乏人は逃げることができないだから復帰する。


6月から適応障害を患い、休息をしていたが8月下旬から復職の準備を行っていた。そして来週の月曜から復職することになった。

スポンサーリンク

適応障害を甘く見るな

5月の上旬ごろ、半年くらい「異常な早起き」をしてしまうことが多々あった。よく寝れないことが続いた。このころは新しい職場に慣れないことが原因かな?くらいで考えていた。内科を受診したが問題がない。


6月に入り、ご近所さんから、ずっと顔色が悪い、疲れ切っているとか言われ、あまりにうるさいので、もしかして精神的な物か?と考え心療内科を受診をした。


生まれて初めて心療内科に行った。自分の症状は「こんなのちょっと薬を飲んで寝れればOKだろう」と考えいたら、医者からは「自律神経がやられているので休息してください」という言葉だった。


薬を飲みながら仕事をすることも考えた・・・だが、

休職することにした

私は20代前半の時プログラマーとしてIT業界にいて、デスマーチを経験し、そこで適応障害、うつ病、精神的におかしくなった人を、おそらく20人は見てきたと思う。それらの病気に起因する恋人との別れや、、離婚した人も見てきた。


今回、自分が適応障害を患った。自分がかかるまでは他人事、自分は遠いくから病気をみていたが、実際に精神病にかかると辛いものだ。医者から休職を進められ、かつてのプログラマーの同僚達のようにはなりたくないので休職を選んだ。


上司に、そのことを伝えて、その日から休職をし、職場から寄り道せずに帰宅し、夕ご飯を食べずに、シャワーにも浴びずにベットの上に倒れた。休職してからは、緊張の糸が切れたように辛かった。。。


特に休職直後の1週間が地獄だ。体重がどんどん落ちていく。ボクサーでもないのに体重が落ちる、65kgしかないのに、10日くらいで、55kgを割ってしまう。2週間がたち、食欲がわいて少し食べたら60kgになり体重が落ち着いた。


医者からは寝やすくする薬を提案されたが、私はIT業界時代に、薬を服用しながらも病んでいく、同僚をたくさんみてきたので、薬は選択をしなかった。


私がこだわったことは、とにかく仕事で崩された生活リズムを元に戻すこと、薬を飲まずに早寝、早起きするだけ・・・これでも疲れを取るには絶大な効果があった。


これを1か月繰り返して、通院直前の状態にまで回復し、休み始めて2か月たったくらいで就労意欲が戻ってきた。


カフェでリラックスしながら記事を書き、夕方、窓の外を眺めると職場から抜け出て帰路についているサラリーマンの群れを見ていて、「早く仕事を再開しないといけない」と考えるようになった。


普段から仕事が嫌いと言っている人間だが、仕事を再開しないといけないとも考えている。矛盾に満ちた自分。早く労働から解放されたい、解放されなくても、いつでも会社を辞めることができる身分になりたい。


復職後に気を付けることは、遅れを取り戻すために働きすぎないことが大事と言われたな。・・・あとは、復職後ぶりかえさないように気を付けるとも言われたな。

コメント

  1. うつ病になっても休職しにくいのは、鬱くらいでさぼるんじゃないよ、
    仕事なめてるの?
    とか言ってくる人が必ずいることです。
    皆我慢してるのに何自分だけ長期休暇取ってるの?とか圧をかける人がいることです。
    人間関係が悪い職場なら鬱がどんどん悪化します。

    職場の人たちは皆優しいのですか?

    • 今の職場でそういう人はいないですね。

      こういう精神論を言ってくる人がいたら
      極力避けるようにします。

      それでもだめなら容赦なく退職します。

タイトルとURLをコピーしました