スポンサーリンク

【終業後】職場からの連絡がうざいからスマホ破壊したいわ

労働者の皆様。

こんばんは。労働嫌いなリェータです。今日もやりたくもない労働を8時間以上をした労働者の皆様、今日もお疲れさまでした。労働で肉体と精神を消耗し、終業時間は自由になり、体が5キロぐらい軽くなったような気がするが、私の仕事へ戻そうとするやつがいある。

 

スポンサーリンク

LINEうぜぇ

30年前はなったスマートフォンとLINEと言うものがあるのか。。。職場の上司がLINEを使い、労働で疲れた私にメッセージを送ってくる。上司からのLINEほどやかましい物、人の気分を害するものは無いと思っている。私は社会人失格?終業後まで、上司からのLINEはみたくないと思うのは私だけだろうか?本当にやかましい。ひっきりなしにメッセージを来て、電話までかけてきたらスマホを破壊したくなる衝動に襲われる。

 

 

人の安らぎの時間を粉々に破壊する負の連絡、なぜ、ここまで毛嫌いするようになったのだろうか?ひとつは、そんなに仕事を頑張ったところで、新たな仕事が追加されて、給料がそのままという、フザケタ経験を10年以上に渡り経験したのが原因かもしれない。私に全く得が無いことを10年以上やらされたら嫌でも学習するものです。人の労働力をタダだと持っているのか?お前のお金儲けに、なぜ私がタダで働いてやらないとういけないのか。

緊急性があるのかと思い、内容を聞くと、緊急性がないもの。上司の都合をごり押しで、すぐに対応する必要が全くないものであったり、困っていて連絡をしてくるのではなく、自分がちょっと困った聞いてくる。すぐにわかることを聞いてくるである。私には「すぐにわかることを聞いてくるな」と自分で言っていて、そういう自分で言ったことすら守らない奴は**したいものです。

こういう、終業時間後に仕事の話を振ってくるのは、日本だけなのだろうか?

 

後輩からのLINE

逆に、後輩からのLINEはなんとも思わない、後輩から休みの日に来ると、緊急の事か、本当に困っているのだろうか推測をする。そういうメッセージは、非協力的どころか自発的に助けになりたいと思うのだ。これまでの対応した後輩からのメッセージを思い出すと、内容も私ではないと分からない事もあるので、それは本当に助けないという、謎の使命感に襲われてるのである。

やはり私の労働観である「労働者同士は結束して利益を最大にする」に基づいて行動をしているのだと思う。私は労働者の利益があるように、後輩に厳しくしたりはしないし、基本的に「命令はしない」のです。逆にしてほしい事があったら「説得する」のです。例えば、この新入社員の社保の手続きを経験しておくと、転職に役に立つことに絡めて説得し、後輩に仕事を振ります。

ちなみに鬼軍曹になるつもりはないです。職場の雰囲気を悪くなる、楽できなくなる、仕事がサボれなくなって、私にメリットが無いからです。平社員の給料で経営者目線を持つとか論外。私のモットーは楽をしてお金を稼ぐ。究極的には働かないでお金を稼ぐ、労働は囚人にやらせるべきものです。

 

 

コメント

  1. あー、私の場合は職場からではありませんが
    大学生の時の研修室の教授から緊急でもないのに
    『緊急!』という見出しから始まるメールを何回も送られてきたことがあります。
    緊急でもないし、そもそもそれは教授が把握しておかないといけない内容です。
    さらには、日付が変わる前後に大学のメールアドレスに送ってきて
    普通に誰も気付かないだろうと思うことに気付かない馬鹿でした。
    私がつけたのではありませんが、研究室内でのあだ名が『人間のクズ』でした。
    一言でいうと、百害あって一利なしを体現した輩でした。
    まだゴキブリの方が存在価値がありました。

    • シェンムーさん

      いますよね。
      。会社でも終業時間というもの理解できない人がいます。
      まぁ経営者にもいますけどね。
      人を雇ったら24時間拘束できるとホームラン級の勘違いをしている人とは
      関りたくありません。

      よくよく考えると
      ゴキブリは見た目が気持ち悪いだけで、労働者には害を与えませんね。
      それどころが害虫駆除業者と闘い業者に雇用をもたらし、
      殺虫剤にも耐性をつけて、業者と製薬会社に雇用をもたらし続けています。

タイトルとURLをコピーしました