スポンサーリンク

【奴隷の晩餐】ステーキにバターを載せる食べる

労働者の皆様


悪いことをしていないのに囚人より働かされるリェータです。


皆様。労働の為、いや、健康的なリタイア生活を手に入れるため栄養に気をつけていますでしょうか?

スポンサーリンク

夜に高カロリーの物は食べない

私?夜にかつ丼等、高カロリーのものを夜は食べない、高カロリーな物を食べるときは炭水化物は少なくするようにしているだけです


いつも晩飯は、納豆ご飯とヨーグルトしか夜は食べないのだが、無性にステーキを食べたくなることがある。特に、労働が迫りくる最後の休日に、いつもと違うものを食べたくなるのです。


労働という悪魔、人間を蝕む邪悪な存在と戦うために、私の胃袋に刺激を与えて備えているのです。

アンガス牛という庶民の味方のステーキ

最近、近所のスーパーで100g198円という、私のような貧乏人に優しいステーキがある。アンガス牛という名前でレアで食べることが多い。夕方に行くとさらに、この肉が20%割引シールが貼られることがある。

一時期は、肉焼きながら、ニンニクも炒めていたが、ニンニクの代わりにバターを入れて肉を焼いている。そうすることで肉の食感が柔らかくなったり、肉にバターの味がほんのり乗って、一層美味しくなっている気がする。


バターは、切れてるバターではなく、北海道産のバターを使っている。普段から節制を呼び掛けている私だが、必要だと思ったものにはお金を惜しまないようにしている。200gで1500円くらいした。ステーキとお供にバターがお勧めだと思う。



そして、レアで口に運ぶ。このときはお酒を飲むことが多い。葡萄酒等の果実酒が私が好きなお酒です。ビールをあまり飲まない。


安心・安全でヘルシーなお肉を、年中無休で365日お届け【ミートガイ】

朝からステーキを食べると良い

私が休日の朝にやることだが、朝からステーキを食べることが多い。なぜなら仕事をしなくていいので気分が良いからです。


調べてみたらダイエットに効果があるみたいですね。
1.朝から食べることで、
  良質なタンパク質(エネルギー源)が
  ステーキから得られる。

2.タンパク質は身体(筋肉)の代謝を上げて、
  1日普通に生活しているだけで使うカロリー消費が上がり、
  運動しなくても、脂肪が燃焼される

コメント

タイトルとURLをコピーしました