スポンサーリンク

社会人失格でいいや。意識は低くしよう

労働者の皆様


こんにちは。リェータです。


サラリーマンをしていると、上司から「資格を取れ」だの言われることがあります。あるいは個人評価面談?というようなイベントで、やりたくもない個人目標を設定させられます。こんな上司の自己満足以外の何物でもないことをやりたくないわw

スポンサーリンク

受益者は誰?

私が高度な資格を取ったりしたら、その受益者は誰?ということをよく考えています。これは「私の行動原理」と言って良いです。。


私の給料が上がるのか?得をするのか?楽をできるのか?という視点で物事を考えています。上司がいう「業務時間外に資格を取れ、勉強しろ。」というアドバイスが、私に利益があるなら頑張る意味はあるでしょうが、会社しか得をしないなら頑張る意味はありません。


そんなくだらないことを考えるくらいなら、投資のポートフォリオや投資対象を探している方が遥かに有益です。なぜなら、これらを頑張ると私に不労収入をもたらしてくれるからです。不労という文字の通り労働に依存しない収入であるため、上司と喧嘩して退職をしようがゼロになることがありません。


この不労収入が生活費を上回った時、労働をしなくてよくなり、自分の時間を全て好きなことに使うことができるようになります。バイトをしたければ暇つぶし程度に働ければいいのです。


仕事を頑張り出世して課長になり1日の労働時間が8時間で残業無しが確約されている。部長になり週休4日が確約されて労働時間が短くなるなら出世する意味があるでしょうか。そんなことは決してなく。


僅かな役職手当と引き換えに新たな労働が追加されるだけでメリットがありません。昇給したけど残業代が出なくなり年収が下がるというフザケタ現象も起きます。それってメリットが労働者にあるのか?


私の場合は給料が上がったとしても貯金という資産形成スピードが若干上がるだけです。むしろ労働に対するストレスが爆増して、精神が病んで通院費が嵩んでメリットがないと思う。

社会人は職務経歴を常に考えろ

なぜなら、これまでに積んだ実務経験で年収がいくら稼げるのか?という思考を持たないと、収入が分からず人生設計ができないからです。


私のような労働嫌いは、資産形成スピードを上げるために転職を見越して、自分の個人情報を転職サイトに登録をするのです。そして転職して年収が100万円以上昇給する転職先なら検討するのはありです。なぜなら不労所得を生み出す源泉は労働して構築しないといけないからです。


例えば、私のように年収240万円月給20万円昇給無し、賞与無しの零細税理士事務所だと給料を稼いでいても貯金がほとんどできず永遠に労働をする羽目になります。


これではいつまで経っても労働から逃げることができません。転職して年収500万円にして節約をすれば、月20万円以上は
貯金することは可能になります。


投資種銭を労働で稼ぎ、労働から永遠に逃げ切る為には、ある程度の労働収入が必要なのです。私の現職である財務経理職の年収は、勤め先が儲かっているかどうか?が大きいです。儲かってない会社の経理はお勧めしません。

自分に利益があることを頑張る

勤務中の私はあくびをしていたり、寝ていたり、仕事をしていて忙しい振りをするのが鉄板ですが、自分に利益があることは全力で頑張ります。


例えば、仕事は期限ギリギリまで終わらせず、仕事を振られないように防衛線を張ったり、かったるい会議では余計なことを言って仕事が増えないように頑張っています。定時間際に仕事を振られても、別の仕事をしているためできないと断ることがあります。


安請け合いをすると、給料が増えないのにこちらの仕事だけが増えてしまいます。仕事を多くこなすことで残業代という給料は増えるが長時間労働は体を壊しますよ。

業務改善でお金が貰える会社

以前、ガンブリア宮殿という番組で紹介されていた未来工業という会社があります。この会社はの業務改善の提案をすると、最低500円、改善案が採用されると30,000円貰えるというのは理にかなっていると思います。


労働者が業務改善の提案をすると、労働者の仕事が増えますが、お金が貰えるので財布の中身が潤い、その結果、会社の業務改善に繋がります。


労働者と経営者の利害が一致するのでこういうことができますが、そこらの普通の会社だと業務改善をしても、改善案を出した労働者は損して、会社が得をするだけなので労働者もやる気が無いのでしょう。


具体的な事を書くと、労働者がある改善案を上司に提案すると、改善案を出して労働者に対して「追加の仕事=残業」が発生します。これだと言い出しっぺが100%損する仕組みが出てきます。これをやる上司はホームラン級の馬鹿なので、こういうチームや課に配属をされると士気が駄々下がりです。


こんなことをしていたら労働者は、余計な仕事を振られないために、問題が起きても黙っておくことを選択します。あるいは改善。効率化できるExcelマクロ等を作成してもチームメンバーで共有はしないで、自分の為だけに利用することもあります。


この問題提起した人が「負け」のようなチームは悲惨です。だって問題点を発見したら残業確定なんですから。


例えば、私がシステム開発を請け負っているプロジェクトに関わっていて、業務中にバグ(=システムの不具合)を偶然見つました。そのことを上司に報告をすると「バグ修正、報告書、再発防止策の考えてレポートを書いておいて」と言われる光景が頭に中によぎると、


残業確定するのが嫌なので、このバグをあえて見逃す可能性があります。そしてリリース後に不具合発生、客に迷惑をかけてプロジェクト自体が炎上するという。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました