アクセスランキング 洗脳が解けてしまうので、社員の副業『認めぬ』8割、本業に影響、超過労働懸念 - 30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

洗脳が解けてしまうので、社員の副業『認めぬ』8割、本業に影響、超過労働懸念

      2018/10/27








労働者の皆様

こんにちは。労働嫌いで定評があるリェータです。働くねぇ。リタイアをするためには収入を増やすか支出を減らす必要がある。私は支出を減らすのは得意だが、収入を増やすのは苦手です。もちろん収入を得るために働かないといけないのだが、そのことを阻止するかのように副業を禁止ている会社もある。今日は、どうして会社は副業を禁止するのか考えてみた。まずは、今回の引用記事を紹介・・・・

日経産業新聞
◎きょうの紙面から
「社員の副業『認めぬ』8割、本業に影響、超過労働懸念」
(社長100人アンケート 8日付 総合面、集計結果と回答者一覧を16面に) 柔軟な働き方の一環と位置づけられる副業に経営者が慎重姿勢を示している。日本経済新聞社が7日にまとめた
「社長100人アンケート」で副業への考えを尋ねたところ「認めない」との回答が8割だった。
社員が社外で有益な情報を得たりネットワークを形成したりすることで本業にもよい効果をもたらすと期待される副業だが、今後の広がりは見通しづらい。
副業を認めない理由で最も多かったのが「本業がおろそかになる」との回答(85・3%)だ。
グローバル化などを背景に事業環境が厳しくなっているうえ、人手不足感も際立っている。企業競争力の観点からも、
経営者は自社の社員に対して本業に注力してほしいとの思いが強いようだ。次いで多かったのが本業と副業の両方を抱えることで「長時間労働につながる」(43・1%)との理由だった。
長時間労働の是正に世間の関心が集まるなか、複数の企業に所属することで
使用者の安全配慮義務が曖昧になるおそれがあるためだ。他にも「情報漏洩などリスクがある」(34・5%)との懸念も根強かった。

引用元はここ

 

なぜ副業をしてはいけないのか

 

労働契約の外のこと、会社の就業時間外に何をしようがこちらの勝手です。就業時間外の活動に、会社が制約を課してくることがまったく理解できません。何をしようがこちらの勝手、ふざけるな・・こっちは嫌々労働をしているんだよ。会社の外では好きにさせろ。

 

会社の言い訳でよくあるのが、「本業に支障がでたら困る」という言い訳をよく聞くが、別に副業でなくても、旅行疲れ、二日酔い、休日のスポーツで怪我したとか、疲れがたまることはたくさんある。まったく、こういう事を聞くたびに、奴隷商人の言い訳は詭弁、醜悪、まどろっこしい、面倒くさいんだよ。

 

奴隷に逃げられるのは困る

 

火の玉ストレートに、素直に、奴隷が副業を始めて、収入源を複数持たれると、酷使すると逃げられるので困る。会社の洗脳が効かなく組織内の統率が取れない、上司の部下を言う事を聞かなくなるって困るって素直に言えばいいのに。実際に会社に以外にも収入源があるなら、私は休日出勤、残業は完全拒否します。「お金はいらないから働かない」という選択肢もあります。

複数の収入源があれば、従業員側からは会社で働かせて頂いているというふざけた感情も出てこないでしょう。複数の収入があれば、サラリーマンのお給料を比べてしまいます。その会社以外の副業の収入 > サラリーマンの収入となれば、会社勤めなんて意味がないでしょう、時間、場所を拘束される仕事、仕事の裁量が無い仕事にイライラし、ストレスが溜まるだけです。

 

経営者は従業員から労働力を搾りたい

 

資本主義である日本と言う国限らず、世界中の経営者の本音は、「できるだけ多くの時間と労働力を従業員から搾り取りたい!」です。どんなに綺麗事を言おうが、この一文に集約されます。

従業員へ給料と支給する金額以上のお金を稼いでもらいたいのはビジネス、投資の基本です。従業員へ支払う給料が少なくなれば会社には、多くのお金が残ります。だから従業員の給料が安いと経営者は喜びます。副業を禁止すれば、従業員の収入減は勤め先の会社だけなので、会社のため働くしか道がなくなり、薄給で会社だけ忠誠を示してくれる従業員が多ければ経営者は喜びます。

逆に、私ような早期リタイアを目指す人、不労所得が大好き、というよな人は、給料なんて収入源のひとつとしか考えてないし、こんな属性の人は、休日出勤、残業を拒否し経営者は損します。会社が副業禁止というには理由があり、勤め先の経営者のために働く人を増やすために副業は禁止しています。

ちなみに以前、勤めていてた税理士事務所も副業は禁止でしたね。フルタイムで働いても、パチンコ屋でバイト、派遣社員の方が稼げるぐらいの給料しか出てないのに、副業禁止でしたね。

従業員に副業を禁止している所長は、会社を複数経営して、複数の会社から給料をもらっているふざけた人でしたね。そういうダブルスタンダードを見せつけられると、職場に反感を持ちますし、悪影響がでることぐらい考えられないのかと呆れてました。ふざけた税理士のオッサンだ。

サラリーマンTEST*****

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - サラリーマン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。