スポンサーリンク

家賃の目安は「収入の30%」は本当なのか。

かなり前にテレビを見ていて、
ライフプランナーを名乗るコンサルタントが、
家賃は収入のお30%を目安にするという旨の
発言をしているのを見たことがある。

スポンサーリンク

果たして妥当なのか

収入が月20万の人なら、
家賃60,000円の部屋を借りられる計算になる。
収入が20万円なら手取りは16万円くらいでしょう。

そこから、光熱費や通信費、食費を差し引くと
ほとんどお金が残らないんじゃないのかと思います。
都内だとかなり厳しい生活ですし趣味はもてないです。

コンサルタントも不動産業界の太鼓持ち

テレビに出ているコンサルタントの
いい加減さにうんざりした記憶があります。

私は家賃は安いほどいいと考えています。
家賃3万円でも、雨風凌げればOKくらいにしか考えていません。

固定費を増やすと働かないといけない

家賃という固定費を増やすほど働かないといけないからです。

一般的にお給料が増えるほど仕事はきつくなりますし、
そのせいで仕事を辞められらなくなりますし、
アーリーリタイアから遠ざかります。

家賃と人間性は関連があるような気がする

ただ、家賃を下げるデメリットいうものもあります。
家賃を下げると安い家賃しか払えない
人間しか周りにいないことを意味します。

偏見を持たないようにはしているのですが、
ダメな人が多い印象があります。
ご近所に生活保護を受けている50くらいのオジサンがいましたけど、
ロクな人じゃありませんでした。

安い家賃だと、生活保護受けている飲んだくれたおじさんや、
低収入の問題があるオジサン、おばさんを目の前で見てきました。

やはり家賃と人間性は少しは関連があるような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました