30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

子供が勉強しない理由

      2020/11/29



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



労働者の皆様


こんにちは。かつては勉強嫌い、今は労働嫌いなリェータです。このブログの読者の属性をgoogle analiticで調査したところ、30代の男性が多く、このブログに訪問していただいているようです。


ありがたいです。労働嫌い、早期リタイアに興味がある人なら、独身者であること、労働負荷が女性より高い、男性読者が多数というのも当然かもしれませんね。


今回のネタは、


「息子が勉強しない」「娘が勉強しない」と嘆いている親たちの話を、最近よく聞きます。今、記事を加筆していて、隣の席に座っている夫婦?と思われる人たちの会話が聞こえてくるが、娘?息子が勉強をしなくて困っている話が聞こえてきた。


元子供である私の意見を書いていく。私も勉強しない子供だったので、べんきょいしない子供の気持ちはよく分かります。どうして勉強をしたくないのか、勉強をしないのか理由を考えてみた。

親がゴロゴロしている

親から「勉強をしろ」と言われることが、よくありましたが、私も勉強はしない学生でしたね。小学校の高学年から勉強が死ぬほど嫌いです。


家でゴロゴロしている両親から、「勉強しろ」と言われるの事に腹が立つこともありましたね。両親はゴロゴロをしているのに、勉強をしろなんて言われても説得力がありません。

30過ぎたオッサンになった私なら、仕事で疲れている大人の事情を理解できますが、子供には大人の事情はわかりません。


働いたことがない子供は、労働で疲弊している親の気持ちは、理解できないです。仕事の辛さを子供に説いたとしても理解できないでしょう。働き始めると理解できますが、日本の労働環境の悪さが両親から力を奪うのでしょうね。

親に勉強の習慣がない

ゴロゴロしていると理由が似ていますけど、親が勉強を教えられる能力がないとダメでしょうね。子供は親の生活習慣のコピーです。


親が家でテレビ見ていてゴロゴロしているとダメです。英語ができない親が子供に英語を勉強しろというのは滑稽です。子供に勉強してほしかったら自分も勉強しましょう。


私は、親が勉強している姿をほとんど見たことがありません。父は家に帰っては晩酌をして、酒を飲み、夕ご飯を食べたら寝ていた姿をよく見ていましたね。母もパートで疲れ果てていたのか、寝ていることが多かったですね。


このような環境ではね。親は子供に勉強方法なんて教えることはできないし、子供が勉強に躓いたら、塾に通うしかなくなるでしょう。

テレビゲーム

私はどっぷり嵌っていましたよ。これ一種の依存じゃないですかね。個人的な意見ですが、テレビゲームは子供にやらせるべきではないです。


こんなの子供の世話を放棄した親がやらせるものだと思っています。お酒で一緒に20歳未満は一律で禁止していいと思っています。でもね。周りの子供がもっていると難しいんですよね。


ゲームをやらせるにも英語版のゲームをやらせるのはどうでしょうか?英語の勉強を強制されますし、英単語を知らないとゲームができません。実は、この方法は非常に効果がありますね。なぜなら、私がこの方法で英語を勉強したからです。


私が高校生の時にFF10の英語版が発売されていました。


その際、電子辞書片手に英語の語彙を勉強していました。自分が好きな事と英語を組み合わせて勉強するのはいいことです。今でも学習したことを覚えていますね。


・resistance to physical attack
→物理攻撃が効きにくい


・Too late for beg for mercy.
→謝っても遅い


などなど


英語嫌いだった私も、必要に迫られると、自発的に勉強をするんですよね。


高校で英語の授業を受けて、放課後は英語の語彙力や文法を、1日3時間、自発的に勉強して、英会話スクールで話す訓練をしていたので、英語力が加速度的に上達した記憶あります。成績も「5」→「10」になりましたよ。


勉強が嫌いな子供なんていないと思いますよ。ただ無意味な勉強をしたくない人が大多数なんじゃないのかな?


学校のように、画一的な教育を大勢に施しても、勉強に興味がある、勉強に興味がない子供がいるだから、学校は非効率な教え方だと思いますけどね。


私は学校そのものを廃止して、子供が興味を持ったものを勉強させればいいのではないかと思っています。

教育者である親がクソ

子供に勉強をやれ・・・というなら親が手本を見せましょう。子供は親の背中を見て育つのです。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 小言 ,