30代おっさん。アーリーリタイアへの挑戦

働きたくない。会社辞めたい。不労所得欲しい

30代のおっさんが、会社を辞めて労働から解放されるまでの軌跡を描く。働けば自由になりますよ

なぜ、日本が税金が高いと感じる

      2017/05/03



アクセス数が100万を超えたら資本家はビビる。私もビビる・・・
** 現代奴隷に悪意の応援クリックを宜しくお願い致します。 **



みんなが税金が高いというので
真面目に計算してみた。

結果は・・・・

社会保険料が高い

サラリーマンとして勤務している方は、
毎月貰う給料から天引きされている
健康保険料と厚生年金保険料をみてみましょう。

だいたい、健康保険料は総支給の4%、
厚生年金は9%くらいとられているはずです。

健康保険料と厚生年金保険料で、
少なくとも13%は天引きさています。

所得税は年収400万円独身のサラリーマンなら
月に7,000円天引きされているのではないでしょうか。

総支給の2%くらいが天引きされています。
住民税は4%くらいです。

あと天引きされるのは雇用保険料ですが。
総支給の1000分の4と微々たるものなので無視します。

3月から5月に残業すると

昨年の3月~5月に残業をたくさんしている人は
健康保険料、厚生年金保険料は沢山天引きされています。

なぜかって、これらの保険料は4月~6月に支給する
お給料と交通費の合計額の平均値から算出するからです。

残業代がかさみ給料が多いと天引きされる健康保険料、
厚生年金保険料は多くなります。

何パーセント天引きされるのか

ざっくりいうと、総支給のお給料から
以下の割合ぐらいで天引きされます。
健康保険料 4%
厚生年金保険料 9%
所得税 2%
住民税 4%

19%(約2割)が給料から取られる税金、社会保険料です。

ちなみに、サラリーマンじゃない人は、
健康保険料が倍ぐらい払っています。

国民年金は16,000円ぐらいですね。
天引きされる所得税は、お給料により増減します。

普通に働いている人で、お金がたまらないのは当然だと思います。

税金より高い健康保険料、厚生年金保険料

テレビや新聞で所得税が高いと言われていますけど、
一般的なサラリーマンに取って一番高いのは、
健康保険料、厚生年金の掛け金が一番高いです。

減税を声高に叫ぶなら、
一番天引きされるところから軽減してほしいものです。

病院にかかっていないのに、
多額の保険料を払うには納得いかないですし、
厚生年金の保険料も削減してほしいものです。

ちなみに、
天引きされている保険料と同額を会社が負担していますからね。

会社負担がないと保険料は・・・

総支給の給料の26%が社会保険に消えます。
なんで会社が半額負担しなきゃいけないのか?。
給料計算をしていて首をかしげることがあります。

こうやって、税金の負担を細かくすることで
政府に向く不満をそらすための役人の
小細工だと勝手に思っています。

面倒くさいから税金を一つにまとめろ

健康保険料、厚生年金保険料、住民税を

「所得税」という一つの税金に組み込めば
効率的に徴税できるのにと思っています。

だってざっくり言って上記の税金は収入に基づいて
取られる税額が決まるというルールがあるからです。

ひとつの税金の所得税に統一すれば、
住民税を徴税する公務員はいらないですし、
年金事務所、健康保険組合の人間もいらなくなりますよね。

こういうのを税金の無駄というんじゃないのか。

当ブログお薦め記事

バナーを1日1クリックをお願いします。

 - 税金 ,